路上パーキングメーターの市場規模、2028年に11億3,880万米ドル到達予測

路上パーキングメーターの市場規模は、2021年の5億9,070万米ドルからCAGR8.6%で成長し、2028年には11億3,880万米ドルに達すると予測されています。自動車による交通渋滞の深刻化と自動車台数の増加が、路上パーキングメーター市場の成長を促進しています。路上パーキングメーターは、従来、公共の駐車場に設置され、交通量を管理し、一般の人々が都市を訪れる際に駐車スペースを確保するために使用されていました。最近では、民間の駐車場にも設置されるようになり、その高度な機能が搭載されています。例えば、IEM SAが提供する先進的なスマートパーキングメーターであるPrestoInteractifは、太陽光発電でバッテリーを充電する機能を備えています。このシステムは、7インチの大型タッチスクリーンで構成されており、反応性の高いユーザーフレンドリーなインターフェースを提供しています。また、路上パーキングメーターは、コイン、クレジットカード/デビットカード、スマートカード、トークン、電話による支払い、さらにオプションとしてNFC/非接触型の支払いなど、あらゆるタイプの支払い方法を提供します。

路上パーキングメーター市場は、タイプ、決済タイプ、地域別に分類されています。タイプ別には、パーキングメーター(単一スペース)とパーキングキオスク(複数スペース)に分類されます。支払いタイプ別には、クレジットカード、紙幣、コインに分類されます。地理別には、北米、欧州、アジア太平洋(APAC)、中東・アフリカ(MEA)、南米(SAM)に分類されます。

COVID-19パンデミックの路上駐車メーター市場への影響

COVID-19パンデミックの影響で、都市間移動やオフィス業務が制限され、駐車場に対する車両の比率が低まったことで、駐車場業界に混乱が生じています。駐車場利用者数が激減し、駐車場管理のための計画的な投資が延期され、路上駐車メーター市場の成長率が低下しました。しかし、パーキングメーターにおけるデジタル決済の重要性や、路上駐車システムの自動化の必要性がクローズアップされ、市場に有利な成長機会が生まれています。

都市化の急速な進展

都市部での人口増加が自動車販売を促進しています。可処分所得の増加に伴い、人々は日々の通勤のために自家用車を望んでいます。自動車販売の増加に伴う都市化の急速な進展により、スマートパーキングマネジメントソリューションの導入が進んでいます。利用可能な駐車スペースを効率的に管理するスマートパーキングメーターの必要性が、市場の成長を促進しています。国連の報告書によると、欧州の都市化は2050年までに83.7%増加すると報告されています。また、EEAによると、EUでは人口の75%が都市部での生活を望んでいます。これらの要因により、駐車場での支払いシステムを簡略化するため、路上パーキングメーター市場の成長が期待されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]