商用車用トランスミッションオイルポンプおよびトランスミッションシステムの市場規模、2028年に443億9,408万米ドル到達予測

商用車用トランスミッションオイルポンプおよびトランスミッションシステムの市場規模は、2021年の293億200万米ドルからCAGR6.1%で成長し、2028年には443億9,408万米ドルに達すると予測されています。トランスミッションシステムは、エンジンからギアボックスを介して車輪に最大限のパワーを伝達することで、スムーズで快適なドライブを実現します。現在、低・中級車の大半がセミオートマチックおよびオートマチックトランスミッションシステムを採用しています。オートマチックトランスミッションシステムは、採用されている電気技術やシステムの設計によって、自動車の運動性能や燃費性能に大きな影響を与えます。自動変速機やデュアルペダル技術には、オートマチックトランスミッション(AT)、自動マニュアルトランスミッション(AMT)、無段変速機(CVT)、デュアルクラッチトランスミッション(DCT)、ダイレクトシフトギアボックス(DSG)、ティプトロニックトランスミッションなど、さまざまな構成のものがあります。マニュアルトランスミッションからオートマチックトランスミッションへの移行は、背景に、快適性と安全性への欲求の高まりがあります。自動変速機は、快適性、安全性、環境へのやさしさ、優れた費用対効果、快適なドライビングエクスペリエンスを提供します。オートマチックトランスミッションは、クラッチ操作の必要がないため、特に都市部のストップ&ゴーの多い道路では非常に便利です。

さらに、自動車部品メーカーは、自動車の性能を犠牲にすることなく、費用対効果の高い代替品を提供するために努力しています。例えば、アイシン精機株式会社は、トヨタ自動車株式会社のマニュアルトランスミッション製品の開発・製造技術をアイシンAIブランドに集中させています。このように、商用車へのセミオートマチックおよびオートマチックトランスミッションシステムの採用率の高さが、商用車用トランスミッションオイルポンプおよびトランスミッションシステム市場を牽引する要因となっています

COVID-19パンデミックが同市場に与える影響

COVID-19パンデミックは、商用車用トランスミッションオイルポンプおよびトランスミッションシステム市場の成長に深刻な影響を与えています。各国政府がロックダウンを実施したことで、自動車の生産が遅れ、その結果、商用車用トランスミッションオイルポンプやトランスミッションシステムの生産にも支障をきたしました。このように、パンデミックは、自動車部門のステークホルダーに多くの課題をもたらしました。その後、自動車業界のプレーヤーは、パンデミックによるサプライチェーンの混乱を克服するために、いくつかの取り組みを行いました。COVID-19ワクチンがAPAC(アジア太平洋)地域に導入されたことで、APACの多くの国で自動車会社の操業が再開され、サプライチェーンへの影響は現在のところ最小限に抑えられています。APAC地域は商用車用トランスミッションオイルポンプおよびトランスミッションシステム市場のパンデミック後の成長をリードすることになります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]