自動天井クレーンの市場規模、2028年に29億2,859万米ドル到達予測

自動天井クレーンの市場規模は、2021年の18億5,410万米ドルからCAGR6.7%で成長し、2028年には29億2,859万米ドルに達すると予測されています。電子商取引、3PL、FMCG(Fast-Moving Consumer Goods)、FMCD(Fast-Moving Consumer Durable)、小売業、製造業の絶え間ない成長が、組織化された倉庫スペースの増加を支えています。この、組織化された倉庫を導入しているのは、電子商取引と3PLの市場関係者です。例えば、インドの電子商取引業界の成長に伴い、国内の倉庫や配送センターの数が増加しており、電子商取引業者は、Tier IおよびTier IIの都市に倉庫を開設することを検討しています。そのため、倉庫や配送センターでは、重量物を持ち上げるための自動天井クレーンの需要が高まることが予想されます。さらに、自動天井クレーンのメーカーは、ハイエンド製造業のスマートな工場を開発するために、技術的に高度な昇降装置の設計に注力しています。

COVID-19パンデミックが自動天井クレーン市場に与える影響

クレーン業界は世界各国で大きな成長を遂げて来ましたが、COVID-19の発生以降、ブリッジクレーン、ガントリークレーン、モノレールクレーン、ジブクレーンなどの自動天井クレーンの採用が著しく減少しました。自動天井クレーンの生産およびサプライチェーンは、事業停止、ロックダウン、旅行制限などの封じ込め措置により、悪影響を受けました。また、COVID-19の感染者が急増しているため、貿易活動への影響から、2020年は自動天井クレーンの供給に影響が出ました。しかし、2020年の第4四半期には、多くの貿易活動がペースを取り戻し始め、同市場の需要が回復しはじめました。

製造業における自動化の進展

技術の進歩に伴い、エンド・ツー・エンドの産業・製造環境では、ほとんどすべての作業が連動して行われるようになりました。センサー、コネクテッド・オブジェクト、スマート・マシンなど、新しい形態のディスクリートおよびプロセス・マニュファクチャリングが登場し、人、マシン、データ、テクノロジーの間で行われていた交換やコラボレーションのエコシステムを進化させています。今日のスマートマニュファクチャリングのデジタルプラントは、データや情報の収集、分類、分析を行い、最終的には、ビジネス価値に変えることに大きく依存しています。クレーンの自動化は、マテリアルハンドリングにリアルタイムな変更を可能にし、競争の優位性を持たせることで、同市場の成長を促進しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]