スワブ(綿棒)による採取キットの市場規模、2028年に56億4,168万米ドル到達予測

スワブ(綿棒)による採取キットの市場規模は、2021年の41億4,132万米ドルからCAGR4.5%で成長し、2028年には56億4,168万米ドルに達すると予測されています。スワブによる採取キットは、生物医学研究や臨床診断に使用する個別包装の滅菌綿棒です。スワブは医療、法医学、遺伝学、微生物学、分析前、診断など、さまざまな環境や検体採取の用途で使用することができます。

スワブによる採取キット市場の成長は、主にコロナウイルス感染者数の増加、最新の綿棒による採取キットへの需要の高まりなどに起因しています。しかし、熟練した専門家の不足や、逆転写酵素ポリメラーゼ連鎖反応検査における偽陰性率など、スワブによる採取の限界が、市場の成長を妨げる要因となっています。

医療技術に対する政府支援の高まり

世界各地で、医療の研究開発活動への投資が増加しています。例えば、2017年2月には、インド医療機器産業協会(AiMeD)とインベストインディアが、インドを世界的なスワブ採取キット製造ハブにするための覚書を締結しました。

また、2019年8月、中国の国家医療タイプ管理局(NMPA)は、現行の医療機器MAHパイロットプログラムを、上海、北京、広東、天津から21の都市や省に拡大することを発表しました。このプログラムでは、医療機器企業が研究開発や製造の拠点をパイロット都市や省に分散させることができます。例えば、上海の研究開発センターが医療機器の承認と知的財産権を持っていれば、製造能力の高い江蘇省や浙江省などの近隣地域に製造活動を委託することができます。このように、医療技術に対する政府の支援が拡大していることが、市場の成長につながっていると考えられます。

タイプ別の見通し

市場は、タイプ別に、鼻咽頭スワブ、口腔咽頭スワブ、その他に分類されます。2021年は、鼻咽頭スワブが最大シェアを占めました。今後は、口腔咽頭スワブがCAGR4.9%の高い数値で成長すると考えらえます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]