風況観測用ドップラーライダーシステムの市場規模、2028年に11億7,644万米ドル到達予測

ドップラーウィンドライダーシステムの市場規模は、2021年の7億1,668万米ドルからCAGR7.3%で成長し、2028年には11億7,644万米ドルに達すると予測されています。同市場の需要は、空港における最新技術を駆使したシステム導入の増加により支えられています。乱気流やウィンドシアーは、どの空港でも起こりうる目に見えない危険です。ドップラーウィンドライダーシステムは、空港内や空港周辺の風を監視・測定するのに役立ちます。このシステムは、航空宇宙分野でも長距離の風の認識を高めるために使用されています。Vaisalaは、空港の安全性、効率性、意思決定能力を向上させる様々なアプリケーションに、正確でリアルタイムな風の認識を提供するウィンドライダーソリューションを提供しています。ライダー技術と統合されたWindCubeは、空港内や周辺の気象リスクに対応します。また、空港環境を超えた3Dの風のコンテキスト情報、境界層までの風のプロファイリング、風の逆転現象の検知などを提供します。WindCubeは、包括的な航空気象システムであるAviMetと組み合わせることで、ウィンドシアーの警告とアラームの自動レポート、空港でのウィンドシアーに関するこれまでにない認識を可能にします。空港では乱気流やその他の風の現象のリスクを低減するために、このような先進的なソリューションを採用しています。これにより、ドップラーウィンドライダーシステム市場の成長が促進されます。

COVID-19パンデミックによるドップラーウィンドライダーシステム市場への影響

COVID-19パンデミックにより、世界各地で風力発電所の建設が停止し、先進技術への投資が減少しています。同様に、各国の政府機関による渡航規制により、先進国および発展途上国の空港が一時的に閉鎖されたため、ドップラーウィンドライダーシステムを含め先進的な風速測定ソリューションへの投資も減少しました。さらに、事業所の閉鎖、渡航禁止、サプライチェーンの混乱により、関連の製造業者も影響を受け、市場の成長にマイナスの影響を与えています。

ドップラーウィンドライダーシステムにおける技術の統合

ドップラーライダーは、世界各国で風のモニタリングやエアロゾルの検出に利用されています。ライダーデータから収集したライダー信号を分類する自動アルゴリズムにより、ユーザーは多大な恩恵を受けています。ドップラーライダーシステムに機械学習を統合することで、航空安全事業者などのライダーデータのエンドユーザーは、革新的な方法で空港周辺の粉塵を監視できるようになります。また、空港のインフラ部門では、先進的なドップラーライダーシステムに技術を統合するための投資が増えています。例えば、アイスランドでは、エアロゾルのモニタリングに機械学習アルゴリズムを搭載した地上型ドップラーライダーシステムが使用されています。風食、火山灰の雲、頻繁に発生する氷の雲、大規模な降水事象などを、空港の敷地内で測定・分類しています。このように、機械学習などの先進技術をドップラーウィンドライダーシステムに統合するための投資が増加していることから、今後、ドップラーウィンドライダーシステム市場に有利な機会がもたらされると考えられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]