スパークリングワインの市場規模、2028年に558億米ドル到達予測

スパークリングワインの市場規模は、2021年の416億4000万米ドルからCAGR4.3%で成長し、2028年には558億米ドルに達すると予測されています。スパークリングワインは、炭酸ガスを多く含むワインの一種です。シャンパンは、最も広く普及しているスパークリングワインの一つで、フランスのシャンパーニュ地方で製造されています。米国では多くのスパークリングワインメーカーが、シャンパーニュ地方で製造された製品にこの名称を使用しています。

2020年のスパークリングワイン市場は、欧州が最大シェアを占めました。欧州連合(EU)には、スパークリングワインの生産者が最も多く集中しています。Institute of Wine and Vineによると、2000年以降の世界のスパークリングワイン製造において、EUは数量ベースで70~80%のシェアを占めました。業界の専門家によると、欧州は国際市場において、スティルワインよりもスパークリングワインの輸出量が多いとされています。この地域には、ワイン作りの長い輝かしい歴史があり、世界中のワイン愛好家が、欧州のスパークリングワインを好んで飲みます。さらに、アルコール度数の低い飲料を好む傾向が強まっていること、セレブリティが人々のライフスタイルに影響を与えていること、便利な食品や飲料を好む傾向が強まっていること、祝いの席でシャンパンやスパークリングワインのボトルを開ける習慣があることなどから、スパークリングワインの需要が劇的に増加していると考えられます。欧州では、スパークリングワイン市場が非常に確立されており、いくつかの著名な蒸留所と小規模な蒸留所で構成されています。

スパークリングワインメーカーは、COVID-19のパンデミック時に労働者が不足し、生産能力が低下したことで大きな影響を受けました。また、卸売市場が閉鎖されたため、スパークリングワインの販売は主にスーパーマーケットや電子商取引業者に頼らざるを得ませんでした。パンデミック状況下にもかかわらず、ローズワインやスパークリングワインの売上は増加しています。

スパークリングワインの人気の高まり

社会経済の急激な都市化により、スパークリングワインの需要が高まっています。生活水準や購買力の向上により、消費者は高品質で贅沢な商品を好んでいます。さらに、このようなライフスタイルの変化に伴い、食習慣や食事の好みも変化します。そのため、パーティーや結婚、社交の場でのスパークリングワインの需要が高まっています。また、アルコール度数の低い飲料を好む傾向が強まっていることから、ミレニアル世代、ティーンエイジャー、労働者層、独身者などの間でものスパークリングワインの人気が高まっています。さらに、ソーシャルメディアやインターネットの普及は、すべての世代に大きな影響を与えており、パーティーやイベントの増加も、米国、カナダ、メキシコ、ドイツ、フランス、イタリアなどの先進国を中心に、スパークリングワインの消費量の増加に寄与しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]