仕様管理ソフトウェアの市場規模、2028年に7億2,092万米ドル到達予測

仕様管理ソフトウェアの市場規模は、2021年の4億466万米ドルからCAGR8.6%で成長し、2028年には7億2,092万米ドルに達すると予測されています。医薬品は、異なる種類の化学物質や生物学的物質を組み合わせて製造されます。製造プロセスには、造粒、充填、混合、粉砕、錠剤プレス、コーティングなど、さまざまな単位操作が含まれます。製造者は、化学物質の量を正確に保ち、品質を維持するために、特定の規制を遵守し、適切なガイドラインに従う必要があります。医薬品製造に必要な設備は、GMP(Good Manufacturing Practice)に基づいて運用・維持されなければなりません。世界中で医薬品の需要が継続的に増加していることから、製薬会社は様々な業務におけるITソリューションの導入に多大な投資を行っています。例えば、仕様管理ソフトウェアは、医薬品製造に使用される化学物質の正確な仕様を決定するために採用されています。これにより、製薬会社は、業界のバリューチェーン全体で品質と規制遵守を確保することができます。

複雑なサプライチェーン、厳しい規制、データの整合性の問題は、医薬品業界の品質戦略とプロセスに影響を与えます。FDAをはじめとする当局は、製薬会社の規制遵守を厳しく監視しているため、製薬業界全体で品質基準の維持が保証されます。仕様管理ソフトウェアのデータは、ユーザーが一貫した計量法を維持し、リスク計算やその他のトレンド分析を行うことを可能にします。仕様管理ソフトウェアの機能には、原材料管理、処方・成分管理、包装管理、文書管理、品質管理などが含まれます。例えば、Pilgrim Quality Solutions社が提供するSmartSolve Pharmaceutical QMS Solutionsは、文書管理、規格外管理、リコール管理、サプライヤーの品質管理などを的確かつ正確に行います。

北米におけるCOVID-19パンデミックの仕様管理ソフトウェア市場への影響

COVID-19パンデミックは、米国、カナダ、メキシコなど北米諸国の多くの産業に深刻な影響を与えています。2020年の第1四半期から第2四半期にかけて、米国内でCOVID-19の感染者数がかつてないほど増加し、その後、ウイルスの拡散を防ぐために規制が設けられたことで、多くの企業の業績が制限されました。また、仕様管理ソフトウェア市場の多くのプレーヤーも、輸送が厳しく制限されたことで、その生産に深刻な影響を受けました。一方、企業は遠隔地から業務を遂行するためにデジタルプラットフォームを利用するようになり、北米は、インフラ能力を強化するための政府政策により、最先端技術を受け入れることで、開発の最前線の地位を獲得しました。

仕様管理ソフトウェア市場の成長を促進するFMCGセクターの隆盛

FMCG(Fast-Moving Consumer Goods)業界では、新製品の発売が常に求められています。すべての製品の発売は、指定された時間内に各プロジェクトを提供するための製品開発サイクルを経験します。FMCGセクターは常に成長しており、これは主にスマートリテイリングの導入によるものです。スマートリテイリングのコンセプトは、進化し続ける消費者のショッピング体験への注力を小売業者に求めています。消費財業界では、仕様管理ソフトウェアは、原材料の管理、パッケージング、製品詳細の文書化などに導入されています。パッケージングは、消費者が最初に目にし、手に触れるものであるため、最も重要です。PackIQ、ORBIS Corporation、TODAY IT、GEFCO、Amatechなどが、小売・消費財業界向けのパッケージング管理ツールを提供しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]