歩行におけるリハビリテーションシステムの市場規模、2028年に4億5,111万米ドル到達予測

歩行におけるリハビリテーションシステムの市場規模は、2021年の3億477万米ドルからCAGR5.8%で成長し、2028年には4億5,111万米ドルに達すると予測されています。歩行リハビリテーション技術は、機能的な歩行を回復させることが、実際に自立した生活を送るために必要と考えられているため、急激に成長しています。歩行障害には様々な種類があることから、神経疾患、内科疾患、外傷性疾患など、幅広い分野で歩行システムの開発が求められています。リハビリテーションシステムは、下肢の運動障害に悩む患者の治療計画の重要な部分を占めており、患者の身体が正常に機能するのを助けると同時に、身体的、感情的、社会的な生活の質を向上させます。ほとんどの歩行訓練システムは、急性および亜急性の神経学的な患者のために設計されています。歩行サイクルトレーニング(機能的歩行トレーニング)や歩行動作(非機能的トレーニング)を再学習するために多くの技術が使用されています。それぞれのシステムには、機能面での成果という点で長所と短所があり、歩行サイクル動作のトレーニングだけでは、歩行のリハビリテーションとしては不十分です。神経疾患の増加、スポーツ障害や整形外科疾患の増加などの要因が、歩行リハビリテーションシステム市場の成長を後押ししています。しかし、他の治療法があることや、訓練を受けた専門家がいないことが、市場の成長を妨げています。

スポーツ傷害と整形外科疾患の患者数の増加

アスリートは、スポーツ傷害により軟骨や靭帯を損傷する可能性があります。また、スポーツ選手のスポーツ傷害も増加しており、歩行リハビリテーションシステムの需要を高める要因となっています。Stanford Children’s Health社が2020年に発表した調査によると、米国では年間3,000万人の子供と10代の若者がスポーツイベントに参加しており、これらのイベント中に約350万人の怪我が報告されています。さらに、子どもやティーンエイジャーに見られる最も一般的な怪我は、捻挫や歪みです。米国安全評議会(NSC)の推計によると、2017年、米国では個人的な運動が原因で52万6,000件の怪我が発生しました。さらに、全米高等学校協会連合会(NFHS)が発表した調査によると、2018年から2019年にかけて、米国では、男子高校生のサッカー、レスリング、テニスへの参加が大幅に増加していることが報告されています。また、2017-2018年に、学校スポーツの参加者が30年来のピークに達したと報告されました。

これらの障害の有病率や影響は、高齢化社会の進展や非伝染性疾患(NCD)に関連する多くの危険因子の増加に伴い、増えることが予想されます。さらに、骨と骨の間にある関節軟骨の破壊によって引き起こされる変形性関節症(OA)は、米国で報告されている最も一般的な関節疾患の一つです。変形性関節症は、変性関節症や消耗性関節症とも呼ばれている、米国では3,250万人以上の成人が苦しんでいる疾病です。2018年12月の国民健康保険サービス(NHS)のデータによると、英国では1,000万人以上が関節炎または関節に影響を与える同様の症状を抱えています。歩行リハビリテーションシステムは、あらゆる年齢層の人々が、通常は医師の処方箋なしで使用できる治療機器です。したがって、スポーツ傷害や整形外科的疾患に苦しむ人々の数の上昇が、歩行リハビリテーションシステム市場の成長に寄与しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]