羊乳の市場規模、2028年に80億9561万米ドル到達予測

羊乳の市場規模は、2021年の61億2964万米ドルからCAGR4.1%で成長し、2028年には80億9561万米ドルに達すると予測されています。羊乳は、家畜の雌羊から得られます。羊は、一般的に羊毛を得るために飼育され、さらに肉やミルクに利用されます。しかし、いくつかの特殊な品種は、より高い収量と長い授乳期間を得るため、商業的な乳製品用にのみ利用されます。羊乳は、人間の消化器系に受け入れられやすく、消化しやすいため、原始時代から利用されてきました。また、牛や山羊のミルクよりも、体に抵抗力がつき、抗アレルギー作用もあるため、健康的な牛や山羊のミルクの代替品として考えられています。主な成分は、多量のタンパク質(5.4%)、乳糖(4.9%)、脂質脂肪(6. 4%)、飽和脂肪酸、炭水化物、オレイン酸、共役リノール酸、トランス脂肪酸などの不飽和脂肪酸、ビタミンB12、ビタミンB5、ビタミンA、ビタミンB2、ビタミンB1、ビタミンCなどのビタミン類、リン、カルシウムなどのミネラル類、トリプトファン、バリン、スレオニン、イソロイシン、ロイシン、リジン、ヒスチジンなどのアミノ酸類などで構成されています。

羊乳市場は、地域別に、アジア太平洋地域が最大シェアを占めると予想されます。アジア太平洋地域では、中間層の人口が着実に増えており、都市化が進んでいることから、有利な市場機会となっています。中間所得層の可処分所得が増加しているため、人々は牛乳よりも比較的高価な羊乳を消費するようになっています。消費者の嗜好の変化、高タンパク・高エネルギー製品の需要の増加、健康志向の消費者による羊乳の需要の高まり、製品バリエーションの入手のしやすさなどが、アジア太平洋地域の羊乳市場の成長を後押ししています。

COVID-19パンデミックは、ファームゲートミルク価格の低下、労働者不足、サプライチェーン内でのミルクの移動の難しさ、生産コストの増加、運転資金の不足などにより、中国や米国を含む各国の酪農産業に大きな影響を与えています。一方、消費者の買い物、食事、生活にも多大な影響を与え、ロックダウンやレストランの閉鎖により家庭での調理が増え、ミルクやその他の乳製品の需要が大きく成長しました。小売業を営む乳製品業界は、こうした消費者の動向から恩恵を受けています。さらに、人員移動の制限が緩和され、監禁措置が解除されたことで、羊乳市場は今後数年間で顕著な成長を遂げると推定されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]