スマート害虫監視管理システムの市場規模、2028年に12億1,935万米ドル到達予測

スマート害虫監視管理システムの市場規模は、2021年の7億6,709万米ドルからCAGR6.8%で成長し、2028年には12億1,935万米ドルに達すると予測されています。農業分野では、高度な技術の導入が進んでおり、自動害虫監視システムなど、プロセスの簡素化により、畑での手作業が減少しています。農業における手作業での害虫駆除は、時間がかかるだけでなく、農家にとってはコストを伴う労働となり、作業者の安全面でも問題があります。スマート害虫監視管理システムを採用することで、害虫による作物への被害が減少し、害虫を監視するために現場に出向く必要も減少します。スマート害虫監視管理システムの適用により、低コストで害虫モニタリングの精度を高め、農薬の使用を減らすことができます。また、このシステムは、害虫が収量に与える影響をデータ化し、農家やエンドユーザーに事前に通知することで、リスクを軽減します。その結果、害虫を早期に駆除することで、作物が深刻な被害を受ける前に問題を解決することができます。

IoT対応ソリューションの採用は、スマート農業システムを採用するための最も重要な要素であり、スマート害虫監視管理システムもこれに含まれます。スマート害虫監視システムは、人工知能を使った分析などの最新技術により、作物管理や害虫モニタリングの強化に役立ちます。農業分野での先進技術の導入が、世界各国でのスマート害虫監視管理システムの導入を促進しています。

COVID-19パンデミックのスマート害虫監視管理システム市場への影響

世界保健機関(WHO)の最新状況報告によると、米国、スペイン、イタリア、フランス、ドイツ、英国、ロシア、トルコ、ブラジル、イラン、中国が、COVID-19パンデミックによる被害の最も大きい国となっています。2020年、世界経済はCOVID-19パンデミックの多大な影響を受けました。このパンデミックの発生により、電子機器、半導体、接客業、製造業、住宅部門などの主要部門が混乱し、その影響で、スマート害虫監視管理システム市場の成長も制限されました。パンデミックの影響を受けた地域では、農業の機械化とスマート農業インフラの進化により、農家の間でスマート害虫監視管理システムやサービスの導入が促進されると予想されます。COVID-19が市場に与えたマイナスの影響を回避するために、今後数年間、世界各国で、デジタル農業への要求が高まると予想されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]