圧電アクチュエーターおよびモーターの市場規模、2028年に247億5,220万米ドル到達予測

圧電アクチュエーターおよびモーターの市場規模は、2021年の145億4,786万米ドルからCAGR7.9%で成長し、2028年には247億5,220万米ドルに達すると予測されています。ここ数年、ヘルスケア分野では、医療機器のデザインが大幅に改善され、機能性や性能が向上しています。これにより、治療方法も改善されました。例えば、圧電振動子は、歯垢や結石を超音波で除去する歯科用超音波スケーラーに使用されており、従来のスケーラーよりも効率的な方法となっています。同様に、圧電セラミック部品は、治療の成功率が向上し、人体への副作用が少ない低侵襲で穏やかな治療法であることから、腫瘍の除去を目的とした高強度焦点式超音波(HIFU)に使用されるケースが増えています。また、圧電技術は、通常55kHzで振動する超音波手術器具に応用され、機械的エネルギーの波を作り出します。この超音波エネルギーは、刃物から組織の分子に伝わり、振動によって切れ味が良くなり、組織の凝固が促進されて出血が少なくなります。同様に、圧電技術は、アクチュエーターの動きが磁場を発生させないことから、医療画像診断用の超音波スキャナーや磁気共鳴画像診断(MRI)システムなど、他の医療機器にも応用されています。また、圧電アクチュエーターやポンプは、精密で再現性が高く、信頼性の高い流体の吐出制御が可能なため、実験室や医療用のポンプ・吐出装置に広く使用されています。さらに、現代では、経済的な多層ピエゾアクチュエーターが、医療用ポンプや補聴器などの医療機器に広く使用されています。このように、医療機器への圧電アクチュエーターの応用が拡大していることが、圧電アクチュエーターとモーターの市場を世界的に成長させています。

COVID-19パンデミックが圧電アクチュエーターおよびモーター市場に与える影響

COVID-19パンデミックにより、自動車、工業・製造業、家電、半導体などの第一次産業が混乱しています。これらの産業の成長が急激に低下していることが、圧電アクチュエータおよびモータ市場の成長を制限しています。感染の拡大を防ぐための工場の閉鎖、旅行・貿易の禁止、国境の封鎖などが、圧電アクチュエーターやモーターの製造、供給、販売に悪影響を及ぼしています。

このパンデミック状況のもと、医療需要の急増によりヘルスケアビジネスが大幅に増加しました。これにより、圧電アクチュエーターが安定した需要を示しています。圧電アクチュエーターは、自動車、家電、産業機械、航空宇宙などの分野で広く採用されており、経済活動の活発化に伴い、今後数ヶ月間で需要が回復すると予測されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]