オープンソースインテリジェンスの市場規模、2028年に108億5,824万ユーロ到達予測

オープンソースインテリジェンス(OSINT)の市場規模は、2021年の34億2,274万ユーロからCAGR17.9%で成長し、2028年には108億5,824万ユーロに達すると予測されています。人工知能(AI)は、あらゆる業界において、セキュリティ目的での重要性が高まっています。AIのウェブインテリジェンスは、犯罪捜査の観点から、自動化されたウェブ調査の効率を向上させ、意思決定に採用されます。全体として、ソーシャルメディアインテリジェンス(SOCMINT)技術などのAIを搭載したOSINTツールは、様々なOSINTソースから公開されている膨大な量のインターネットやソーシャルメディアのデータを迅速かつ効率的に理解し、機関や組織を支援します。ディープウェブやダークウェブの監視は、漏洩のリスクがあるため、法執行機関にとって最も困難なサイバー犯罪の課題の一つです。犯罪捜査において、OSINTとSOCMINTは、ウェブの指紋の再構成や顔の識別を可能にし、フォレンジックツールとして適しています。これらの技術により、捜査官は通常では入手できない情報にアクセスすることができ、一見無関係に見える脅威の実行者やグループ間のリンクを追跡することができます。

COVID-19パンデミックのオープンソースインテリジェンス市場への影響

COVID-19パンデミックは、世界の産業を揺るがし、製造業やITなど様々な産業の業務に支障をきたしました。新型コロナウイルスの蔓延を防ぐために、多くの国がロックダウンを宣言したため、パンデミックの間、インターネットの普及率、ソーシャルメディアの利用、ウェブポータルの利用はすべて急上昇しました。規制のガイドラインに従い、在宅勤務制度を導入した結果、企業ではサイバーセキュリティに関する懸念が増加しています。OSINT技術は、消費者や企業のデータを支援・保護することで、潜在的なサイバーセキュリティの脅威の検知を支援します。さらに、ONISTの技術とソリューションは、情報機関が公開している大量のデータから情報を抽出し、潜在的な国家安全保障上の脅威に関連するデータの収集を支援します。COVID-19の発生は、オープンソースインテリジェンス市場の成長にプラスの影響を与えています。

データ保護に関する政府の取り組み

データセキュリティは、企業や個人にとって極めて重要です。世界各国の政府機関は、ここ数年、厳格なデータ保護規制を実施するための取り組みを行っています。例えば、欧州政府は2012年1月に一般データ保護規則(EU GDPR)を制定しました。この規則では、欧州で事業を展開するすべての企業に対して、高度なセキュリティ分析計画を設定しています。EU GDPRを遵守しない場合、企業の全世界の売上高の最大4%という高額な罰金が科せられる可能性があります。EU GDPRでは、情報漏洩が発生した場合、72時間以内にEU当局に通知することと、組織のセキュリティポリシーが最新のものであることを証明することが求められています。欧州のデータ保護法執行委員会は、効率的な結果を得るために、調査にオープンソースインテリジェンス(OISNT)を使用するよう訓練されています。オーストラリア政府は、オーストラリアプライバシー原則(APP)、サイバー犯罪法、スパム法、電気通信法など、いくつかの法律を施行することで、国内のさまざまな形態のデータを保護しています。この法律は、個人情報の収集、使用、開示を規制し、コンピュータへの不法なアクセスを制限し、国内の個人および公的なシステムにフィッシングメールが押し寄せることを制限しています。このように、個人および組織のデータを盗難から守るための政府の取り組みが、世界中の政府情報機関、軍事・防衛情報機関、サイバーセキュリティ機関、法執行機関、民間の専門企業におけるオープンソースインテリジェンスの採用を後押ししています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]