電気絶縁体の市場規模、2028年に153億930万米ドル到達予測

電気絶縁体の市場規模は、2021年の103億2,450万米ドルからCAGR5.8%で成長し、2028年には153億930万米ドルに達すると予測されています。インド、サウジアラビア、ブラジル、ベトナムなど、多くの発展途上国では工業化に力を入れています。インドでは、政府が Make in India プログラムのもと、産業育成に力を入れています。これは、投資の促進、技術革新の促進、技能開発の強化、知的財産の保護、国内最高水準の製造インフラの構築を目的とした、インド政府の主要な国家プログラムです。このプログラムでは、自動車、自動車部品、航空、バイオテクノロジー、化学、建設、防衛製造、電気機械、電子システム、食品加工、IT・BPM、皮革、メディア・エンターテイメント、鉱業、石油・ガス、医薬品、港湾・海運、鉄道、再生可能エネルギー、道路・高速道路、宇宙、繊維・衣料、火力発電、観光・接客、福祉など、25のセクターに焦点を当てています。同様にサウジアラビアでは、ビジョン2030を掲げ、経済の成長と多様化を進めています。工業都市、整備されたインフラ、高品質なユーティリティー供給、確立された物流ネットワークなどからなる魅力的なエコシステムによって、工業・製造業の発展や成長が促進されています。さらに、2021年5月のサウジアラビアの工業生産高は、前年同月比で0.60%増加しました。発展途上国の工業化の進展に伴い、電気絶縁体の需要が増加すると考えられます。

COVID-19パンデミックの電気絶縁体市場への影響

COVID-19パンデミックにより、ウイルスの感染が急速に拡大していることから、世界各国の政府は自動車や人間の移動に厳しい制限を課しています。旅行禁止、大規模なロックダウン、ビジネスの停止などにより、パンデミックは様々な国の経済や産業に影響を与えています。このロックダウンの影響で、商品や製品、サービスの生産量が減少しおり、製造業、自動車産業、半導体・電子産業、石油・ガス産業、鉱業、航空産業、その他の産業では、活動の一時的な停止により操業が中断しています。また、製造業、中小企業の間では、サプライチェーンや生産量に大きな支障が出ています。半導体業界では、ロックダウン中の電気絶縁体の生産停止により、産業界やその他のエンドユーザーからの需要が減少し、大きな打撃を受けました。しかし、2021年のロックダウン解除とワクチン接種により、絶縁体の製造が再開され、工場やオフィスの始動に伴い、世界中で電力需要が増加することから、電気絶縁体市場の需要増加が期待されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]