落下防止装置の市場規模、2028年に46億661万米ドル到達予測

落下防止装置の市場規模は、2021年の29億3,486万米ドルからCAGR6.4%で成長し、2028年には46億661万米ドルに達すると予測されています。先進国および発展途上国における急速な工業化が、市場拡大の主な要因です。製造業、鉱業、その他の産業の現場では、適切な安全対策が取られていないため、労働災害がますます増加しています。米国では、他国に比べて労働者の安全と健康に対する関心が高く、落下防止装置の導入を促進しています。また、安全基準や手順を監督するために、OSHA(Occupational Safety and Health Administration)やANSI(American National Standards Institute)などの機関が設立されています。OSHAは、健康と安全に関する規制とコンプライアンスを行う組織で、さまざまな職業に関連するOSHAの規制や基準について、労働者に10時間および30時間の意識向上トレーニングを行っています。さらに、欧州やアジアでは、職場での安全対策への関心が高まっていることや、労働者の安全に対する政府の規制が強化されており、同市場を牽引する要因になっています。インドや中国などのアジア諸国では、人口の増加に伴う建設活動の活発化や石油・ガス産業の成長が、今後の市場成長を促進すると考えられます。都市化の進展や石油・ガス産業の成長は、MEA(中東・アフリカ)およびSAM(南アメリカ)地域における落下防止装置市場の成長を支える主な要因です。

COVID-19パンデミックの落下防止装置市場への影響

COVID-19の大流行は、2021年も引き続き一定の国に対する悪影響を及ぼし続けています。生産工場の閉鎖や事業活動の制限、ロックダウンや旅行の制限などにより、落下防止装置の生産とサプライチェーンに支障をきたしています。2020年には、政府によるロックダウンや建設プロジェクトの減少により、落下防止装置の一定の需要がわずかに減少しました。しかし、2021年には、建設活動、石油・ガス探査、通信プロジェクトの増加に伴い、従業員の安全を確保するための需要が高まっています。

牽引要因:建設活動の増加

世界的な建設活動の活発化は、落下防止装置市場を牽引する主要な要素です。インドや中国などのアジア諸国では人口の増加が著しく、商業施設や住宅の需要が拡大しています。現在、世界経済は深刻な減速を経験しており、世界中の経済が発展の機会を逃しています。インフラは経済を財政的混乱から救うには必須と考えられているため、開発ギャップに対処するための主要な優先事項となっています。各国政府は、物理的・社会的インフラに資金を投入し、雇用を創出することで製品やサービスの需要を高めようとしています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]