ドローンシミュレーターの市場規模、2028年に14億3,514万米ドル到達予想

ドローンシミュレーターの市場規模は、2021年の6億1,566万米ドルからCAGR12.9%で成長し、2028年には14億3,514万米ドルに達すると予想されています。10年以上前から、軍隊にドローンを導入している国が存在します。地上部隊は、小型のドローンを定期的に採用しています。軍事費全体に占める無人航空機(UAV)の割合は上昇しており、ドローン専門メーカーやシミュレーター・ソフトウェア開発企業の成長を後押ししています。例えば、国防総省の2019年予算要求の予備調査では、米国ではドローンの調達、研究開発の取り組み、製造に93億9000万米ドルが投資されていることが明らかになりました。この金額は、2018年の投資額から26%増加しており、2019年には、3,447台の新しい無人航空機、地上、海洋システムの発注が行われました。軍事用ドローンは、すでに世界の約95カ国で使用されており、特に監視目的で開発されています。一方、武器の輸送などの重要な任務のために開発されているドローンもあり、中国、インド、ドイツ、アゼルバイジャンなどの国では、防衛軍の武器運搬に遠隔操作の無人航空機(UAV)を利用しています。さらに、ドローンは徘徊兵器としても採用されています。また、情報・監視・偵察(ISR)機能を利用して、進行中の軍事や人命に関わるミッションのデータを収集するために、リアルタイムで使用されており、ドローンシミュレーターの需要も増加しています。

COVID-19パンデミックの北米ドローンシミュレーター市場への影響

北米は、イノベーションの促進とインフラ能力の強化を目的とした政府の政策により、先進技術の導入率が最も高いことで知られています。米国はCOVID-19の発生により最も深刻な影響を受けている国であり、政府は感染の拡大を抑制するために、国内の産業、商業、公共の活動にいくつかの制限を課しています。そのため、ドローンメーカーやドローンMROサービスプロバイダーは、パンデミック中に大きな損失を被っています。ドローンメーカーの生産量が大幅に減少したことで、さまざまなシミュレーションソリューションの採用率が低下しました。しかし、米国とカナダの政府は、防衛費の水準を維持しています。例えば、米国の防衛費は2020年に7780億米ドルに達し、年率4.4%で増加しています。これを受けて、ドローンメーカー、UGVメーカー、武器・戦闘システムメーカーは、シミュレーションシステムの調達率を高めています。その結果、COVID-19パンデミッは、北米のドローンシミュレーター市場にわずかな影響しか与えませんでした。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]