工業用撹拌機の市場規模、2028年に26億3,861万米ドル到達予想

工業用撹拌機の市場規模は、2021年の19億3,176万米ドルからCAGR4.0%で成長し、2028年には26億3,861万米ドルに達すると予想されています。人口の増加や自然環境の悪化に伴い、すべての人に十分かつ安全な水を供給し続けることが難しくなっています。これを解決するには、水の汚染を減らし、廃水を管理する必要があります。UN-Water 2021のデータによると、世界の家庭排水の44%が安全に処理されておらず、80%以上の排水が十分な処理を受けずに環境に放出されています。さらに、人口増加、都市化の加速、経済発展などにより、排水の発生量は世界的に増加しています。そのため、適切な廃水処理プロセスの必要性が高まっています。廃水を再利用することで、食糧生産や産業の発展など、他の課題にも対応できる可能性があります。

工業用撹拌機は、廃水処理のプロセスに不可欠な部品です。廃水処理では、急速なフラッシュ混合からポリマーの添加まで、各段階で精密な制御が必要です。これらのプロセスを制御するためには、高い信頼性、耐久性、効率的な性能を備えた特殊な排水処理用撹拌機が必要です。廃水処理用撹拌機を提供するメーカーはいくつかあります。例えば、Sulzer社が提供しているScaba TreatX(スキャバ・トップマウント型垂直撹拌機)は、廃水処理業界におけるプロセス液の混合・撹拌のために特別に設計されています。この撹拌機は、均質な混合、高効率、高いプロセス信頼性、低い運用コスト、低い環境負荷を実現します。工業用撹拌機を提供している他のメーカーには、Dynamix Agitators、Xylem、およびTACMINAなどがあります。廃水処理ソリューションの需要が高いことから、工業用撹拌機市場の成長は促進されています。  

COVID-19パンデミックの産業用撹拌機市場への影響

COVID-19の影響は現在も世界の様々な国で続いています。工業用撹拌機市場は多くの地域で成長を遂げていましたが、このパンデミック以降、その採用が大幅に減少しました。封鎖、営業停止、渡航制限などの様々な封じ込め措置により、市場の生産とサプライチェーンに悪影響を与え、生産量の減少につながりました。また、貿易活動にも大きな影響が出て、2020年まで製品の供給面でマイナスの影響を与えました。この状況下で、塗料・コーティングや化粧品のビジネスは大幅に制限されました。その後、2020年第四半期から多くの貿易業務がペースを取り戻し始めたため、エンドユーザーからの需要がある程度伸びるとの予測から、今後数年間で需要が回復することが期待されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]