滅菌サービスの市場規模、2028年に47億1,756万米ドル到達予測

滅菌サービスの市場規模は、2021年の30億2,350万米ドルからCAGR6.6%で成長し、2028年には47億1,756万米ドルに達すると予測されています。滅菌とは、食品や物品の表面、液体などに存在するすべての生命体、その他の生物学的物質を排除、除去、または不活性化するプロセスです。また、熱、化学薬品、放射線、高圧、ろ過などさまざまな方法で行われ、通常、病院、食品・飲料業界、製薬会社、消費者、産業界などの複数の業界に対して、第三者が契約に基づいて滅菌サービスを提供しています。

滅菌サービス市場は、方法、サービスタイプ、提供形態、エンドユーザー、地域別に分類されます。地域別では、北米、欧州、アジア太平洋、中東・アフリカ、中南米の5つの主要地域に分かれています。

医療関連感染症の増加が滅菌サービス市場の成長を促進

世界各国で何百万もの人が、医療機関での治療中にHAI(医療関連感染)の被害に遭っています。不適切な衛生環境、貧弱なインフラ、不十分な設備、ガイドラインの不在、感染対策に関する知識不足などにより、HAIの発生率が高まっています。不適切な滅菌処理によって引き起こされる一般的なHAIには、B型およびC型肝炎、手術部位感染(SSI)、HIV感染、尿および血管カテーテル関連感染、および人工呼吸器関連感染が含まれます。医療関連の感染症は、患者にさらなる苦痛を与え、高額な費用を伴う入院期間を増やし、抗菌薬の薬効にも影響を及ぼします。WHOによると、医療関連感染による年間支出は、欧州で約77億ドル、米国で約65億ドルと推定されており、100人の入院患者のうち、先進国で7人、発展途上国では10人が、少なくとも1つの医療関連感染症にかかると報告されています。高所得国では、医療関連感染症に罹患している患者の約30%がICU感染症に罹患しています。さらに、中低所得国での、ICU感染症は高所得国の約2、3倍になります。

滅菌サービス市場は、方法に基づいて、エチレンオキシド(ETO)滅菌、ガンマ線滅菌、電子線滅菌、蒸気滅菌、その他の滅菌方法に分類されます。2021年にはエチレンオキシド(ETO)滅菌部門が高いシェアを占めました。今後は、電子線照射滅菌部門がより高いCAGRを記録すると予想されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]