自動車用ピストンの市場規模、2028年に58億1,515万米ドル到達予測

自動車用ピストンの市場規模は、2021年の38億7,992万米ドルからCAGR6.0%で成長し、2028年には58億1,515万米ドルに達すると予測されています。自動車用ピストンは、ICE(内燃機関)自動車の生産台数の増加に伴い、燃費向上、排出ガス削減、柔軟性と信頼性の向上のために需要が高まっています。APAC(アジア太平洋)およびMEA(中東・アフリカ)では、ICE車の販売台数が増加しているため、メーカーはピストンや潤滑油など、より優れた、環境に優しい自動車部品の製造を奨励しています。自動車用ピストンの需要は、世界中で自動車の製造・生産活動が活発化していることにより、大幅に増加しています。スチール製のピストンは、高温に耐えるため、エンジン効率が向上します。また、燃料消費量とCO2排出量を削減し、同時に軽量で、圧縮比も低いと報告されています。一方、アルミニウムは、軽量性、熱伝導性、耐食性、鋳造性などの特性から、自動車用ピストンの材料として最も多く使用されています。

COVID-19パンデミックの自動車用ピストン市場への影響

COVID-19パンデミックにより、工場の閉鎖、旅行の禁止、消費力の低下などの要因が重なり、各地域の新型車市場にも被害をもたらしました。また、サプライチェーンの制約により、自動車用ピストンの需要と供給の間に大きなギャップが生じています。原材料の供給不足が経済を混乱させ、需要の崩壊につながりました。しかし、技術開発の向上により、効率的な燃料消費技術を備えた自動車の需要が高まり、自動車用ピストンの採用が促進されると予想されます。部品メーカーは、2020年に自動車部品の製造が減少したため、業界規模が縮小しました。

ICE車の大量生産

中国、インド、韓国、メキシコ、ブラジル、南アフリカなどの発展途上国では、乗用車やLCV(小型商用車)などの内燃機関自動車が、自動車総使用台数の大半を占めており、これらの自動車の生産が増加しています。これに伴い、軽量化、排出ガス削減、性能向上などに貢献する小径ピストン、大径ピストン、ベアリング、鋳造品などの需要が高まっています。高度なハイテク機能や技術革新への要求、環境安全性への懸念から、OEMメーカーは高性能なピストン設計の生産と採用に注力しており、エンジンの運転によるストレスや摩耗に耐えられる長寿命のピストンの開発が促進されています。また、機械的にシンプルであること、柔軟性と信頼性が高いこと、複数の燃料に対応できることなどの実現が、自動車用ピストンの採用を促進しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]