放射性医薬品の市場規模、2028年に138億1,817万米ドル到達予測

放射性医薬品の市場規模は、2021年の75億5,074万米ドルからCAGR9.0%で成長し、2028年には138億1,817万米ドルに達すると予測されています。同市場の成長は、慢性疾患の有病率の上昇、がんの標的治療におけるアルファ放射線免疫療法の適合性、核イメージング技術の進歩などに起因しています。しかし、放射性医薬品の保存期間の短さや、代替品の利用可能性が市場の成長を抑制しています。放射性医薬品とは、診断目的や治療目的で使用する、生体分子に結合する放射性同位元素で、体内の特定の組織、器官、細胞を標的とします。ガンマ線を放出する放射性同位元素は、放射線が体内から放出される画像診断に有用で、これらの放射線は、単一光子放出断層撮影法(SPECT)/陽電子放出断層撮影法(PET)カメラなど特定の装置によって検出されます。

COVID-19パンデミックは,欧州における核医学(NM)を含む病院の活動を大きく変えました。2021年1月までに発表されたCOVID-19の研究によると、パンデミックは核医学部門に大きな影響を与え、欧州すべての施設で労働力の減少が見られました。この感染を抑制するために、各医療機関は、優先度の高くない手術のスケジュール変更などの制限措置を導入しました。いくつかの部門では、放射性医薬品の供給や技術支援に遅れが生じ、その結果、核医学の診断および治療が大幅に減少し、がんや急性心血管病などの患者の治療レベルが低下しました。

慢性疾患の罹患率上昇が放射性医薬品市場の成長を促進

心血管疾患(CVD)、がん、慢性肺疾患、脳卒中、アルツハイマー病、慢性腎臓病、各種神経疾患などの慢性疾患の有病率は、世界中で急速に増加しており、主要な死因の一つとなっています。世界保健機関(WHO)によると、2020年の全世界のがんによる死亡者数は約1,000万人とされています。さらに、米国がん協会の推計によると、2020年に米国で新たにがんと診断された症例は、180万6590件となっています。欧州心臓ネットワークの推計によると、CVDは毎年、欧州で390万人、欧州連合(EU)で180万人以上の死亡原因となり、欧州の総死亡者数の45.0%、EUの総死亡者数の37.0%を占めています。American College of Cardiologyによると、米国では毎年、CVDが原因で約80万の人が亡くなっています。CVDによる死因の大半は冠動脈疾患(CHD)であり、次いで脳卒中、心不全となっています。さらに、CVDは世界の総死亡数の約31%を占めており、CVDが医療システムに与えるコスト負担は、2030年までに約1兆4400億米ドルになると予想されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]