産業用X線撮影の市場規模、2028年に9億9,345万米ドル到達予測

産業用X線撮影の市場規模は、2020年の5億3,231万米ドルからCAGR8.4%で成長し、2028年には9億9,345万米ドルに達すると予測されています。X線やγ線は、炭素や鉄など様々な素材を透過した後、同じ場所から出てきます。このユニークな特性を使って、金属や機械の溶接部の欠陥を検査することで、製品の耐久性や安全性の確保を可能にします。さらに、X線撮影は産業施設における非破壊検査の手段となります。X線撮影機器は、ユーザーを放射線から保護するために、常にシールドで密閉されています。産業用X線撮影は、電離性の電磁放射線を用いて検査対象物の観察、評価、分析を行います。航空宇宙産業や自動車産業における産業用X線撮影の用途の高まりが、市場成長の原動力となっています。しかし、この装置の高額なコストや、放射線被ばくに関する懸念が、これらの装置の導入を妨げています。工業化が急速に進んでいることに加え、産業界での検査機器の自動化アプリケーションが増加していることが、今後、市場で活動するプレイヤーに有利な機会を提供すると考えられます。

COVID-19パンデミックの産業用X線撮影市場への影響

北米では、COVID-19の感染者が多数記録されており、カリフォルニア州、テキサス州、フロリダ州、ニューヨーク州などが主要な被害地域となっています。同国の連邦政府は、2020年は全国的なロックダウンを実施しませんでしたが、それぞれ州ベースでのロックダウンの実施が決定し、製造業や航空宇宙産業などの操業に支障をきたしました。しかし、FMCG(Fast-Moving Consumer Goods)や医薬品などの必須産業は操業を継続しなければなりませんでした。北米の産業用X線撮影市場は、世界最大の航空宇宙産業がある米国と、大規模な自動車産業があるメキシコを中心に、X線撮影が盛んに行われていることから、圧倒的なシェアを誇っています。企業は、放射線に起因する危険性を低減することや、ポータブルなソリューションを好む傾向にあり、製品ラインを見直すことが求められています。この影響は、需要側だけでなく、供給側にも及びました。この地域の製造施設が閉鎖され生産能力が低下することで、サプライチェーンが混乱し原材料の調達に支障をきたしたため、OEMメーカーは、四半期ごとに収益の維持という課題に直面しました。

品質管理の重要性が市場の成長を促進

産業界における競争の激化に伴い、メーカーは品質管理のための業務や設備に多大な投資を行っています。非破壊検査法である工業用X線写真は、メーカーが積極的に採用している主要技術の一つで、電離放射線であるX線とγ線を利用して部品や材料の欠陥を特定します。欠陥例としては、クラック、キャビティ、ギャップ、剥離、ポア、引け巣、スラグインクルージョン、ゆるみなどがあります。工業用X線写真技術は、様々な密度の材料に適用することができ、最小限の表面処理で、対象物の表面と地下で欠陥を特定することができます。そのため、メーカーは材料や部品を完全に分解することなく品質チェックを行うことができ、時間と人手を大幅に節約することができます。さらに、このシステムは、エンドユーザーが機械や設備の定期的な品質チェックを行うことが出来ます。これらの要因により、産業用X線写真市場は成長を続けています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]