ダーマルフィラー (皮膚充填剤)の市場規模、2028年に94億2,133万米ドル到達予測

ダーマルフィラー (皮膚充填剤)の市場規模は、2021年の43億9,198万米ドルからCAGR11.5%で成長し、2028年には94億2,133万米ドルに達すると予測されています。ダーマルフィラーは、患者の皮膚に注入してボリュームを出すアンチエイジング製品です。たるんだ皮膚や、加齢によりシワになった皮膚を、滑らかでふっくらとした状態にするために注入します。フェイシャルフィラー、コスメティックフィラーあるいはソフトティシューフィラーとも呼ばれており、動物や患者の脂肪から採取したヒアルロン酸で作られています。ダーマルフィラーは、皮膚科の診療所で、5分~1時間、最小限の諸経費で施術することが出来、顔の老化の兆候となる、たるみを減らしやマリオネットラインなどの問題に対処します。皮膚科医は、全体的にバランスのとれた結果を得るために、柔軟な治療オプションを採用することができます。最小限の侵襲的処置への関心の高まり、30歳から65歳までの人口の増加、美と健康に対する消費者の関心の高まりなどが、ダーマルフィラー市場の成長を促す主な要因となっています。一方、手術費用が高いことが市場成長の妨げになっています。

低侵襲手術への関心の高まりが市場の成長を牽引

近年、世界各国で低侵襲手術の導入が進んでいます。低侵襲手術は、切開部分を小さくし、回復時間を短縮し、痛みや傷跡を軽減するなど、患者に多くのメリットをもたらします。顔の若返りのために、低侵襲性の皮膚科技術が開発されています。ダーマルフィラーを真皮の上層部に注入して表面的な小じわを治療したり、真皮の深部や皮下に注入して顔のボリュームを増したりします。ダーマルフィラーを、ゆっくりと注入することで、自然で長持ちする仕上がりを実現します。使用する製品量の決定には、しわの深さ、希望する効果、患者の経済状況を考慮する必要があります。米国整形外科学会(ASPS)が提供する統計によると、2019年には270万件以上のダーマルフィラーの施術が行われました。さらにAllergan社は、ダーマルフィラー治療の売上単価が17%増加したと述べています。

年齢は、医療エステの具体的なニーズを定義する上で重要な役割を果たしており、成人はより低侵襲な方法を求めます。さらに、35歳から55歳の人々は、手術よりも低侵襲のエステティック施術を好む傾向があります。形成外科医はその事実を積極的に研究しており、低侵襲性の化粧品やエステティックの施術は、今や確立された学際的テーマとなっています。非外科的技術や新しい治療法の台頭により、エステティックはより多くの人々に受け入れられるようになりました。これらを総合すると、従来の手術に比べて低侵襲性の処置がもたらすメリットとその精度が、今後のダーマルフィラー市場の成長を牽引すると考えられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]