医薬製造用ロボットの市場規模、2028年に3億8,391万米ドル到達予測

医薬製造用ロボットの市場規模は、2021年の1億5,923万米ドルからCAGR13.4%で成長し、2028年には3億8,391万米ドルに達すると予測されています。製薬業界では、医薬品の製造において効率的で正確な精度が求められます。そのため、医薬品の製造にロボットを使用することで、品質を向上させ、コストと時間を削減することができます。ロボットは、充填、検査、包装、研究所、そして個別化医療の製造において有利であることがわかっています。ロボットシステムは、複数の動作軸を持ち、任意の機能を実行するようにプログラムされたオートメーションの一種です。

医薬製造用ロボット市場は、市場動向、技術進歩、市場力学、競合環境分析など、パラメータごとに、詳細な分析が行われています。パンデミックによる研究活動の減少は、医薬製造用ロボット市場の企業の運営や財務執行にも悪影響を及ぼしています。世界動物保健機関(OIE)は、COVID-19が動物の健康や家禽の公衆衛生に与える影響に関わる研究を支援しています。また、リスクアセスメント、リスクマネジメント、リスクコミュニケーションの支援も行っています。OIEはこれらの活動を調整するために、インシデントコーディネーションシステムを導入しています。さらに、このパンデミックとそれに伴うロックダウンの実施は、世界各国の家畜・家禽部門に大きな影響を与えています。需要と供給のギャップは、市場チェーンの開放や、配送システムのボトルネックを解消するための追加措置によって、徐々に減少すると思われます。長期にわたって続くこれらの影響は、生活、雇用、経済全体に打撃を与えます。医薬製造用ロボット市場は、投与量、疾患、技術、地域別に分類されます。さらに、地域別市場は、北米、欧州、アジア太平洋、中東・アフリカ、中南米に大別されます。

クラウドロボットの増加傾向

クラウドロボティクスとは、クラウドコンピューティングやクラウドストレージなどのインターネット技術をベースにしたロボットの新分野であり、統合されたインフラや共有サービスの利点を中心としたものです。ロボットをクラウドに接続することで、計算能力、ストレージ、および通信を向上させることができます。クラウド上のロボットが互いに通信することで、操作を容易に行うことができます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]