タンパク質発現の市場規模、2028年に40億67万米ドル到達予測

タンパク質発現の市場規模は、2021年の22億2,173万米ドルからCAGR8.8%で成長し、2028年には40億67万米ドルに達すると予測されています。タンパク質発現市場は、製品タイプ、サービス、アプリケーション、エンドユーザー、地域別に分類されます。地域別市場は、さらに、北米、欧州、アジア太平洋、中東・アフリカ、南・中央アメリカに大別されます。

増加するタンパク質発現の用途

生物学的研究に不可欠なツールであるタンパク質の発現は、生物学的治療薬の医薬品生産メカニズムとしてますます重要になっています。人工酵素などの古い技術と新しい次世代発現システムの組み合わせにより、タンパク質発現プロトコルが活性化されています。遺伝子工学とクローニングの発展は、研究目的のための異種タンパク質の発現と分離に多くの可能性をもたらしました。技術の著しい進歩により、大規模な組換えタンパク質の発現と分離が可能になりました。

ヒトへの応用を目的とした組換えタンパク質の需要は、日々高まっています。費用対効果が高く、時間の節約が可能な、新規かつ改良されたバイオプロセス戦略が常に求められています。バイオ医薬品の発現システムを継続的に改善することで、高品質な製品の生産が可能になりました。現代の分子生物学的手法は、様々な原核生物や真核生物の発現システムを用いたバイオ医薬品タンパク質の製造において最先端を担っています。システム生物学、代謝工学、CRISPR/Casシステムなどのさまざまな革新的技術を菌株工学に応用することで、バイオプロセスのパフォーマンスを向上させ、生物学的に活性で安定したタンパク質を生成することができます。

COVID-19のパンデミックにより、健康、社会、そして世界経済は重大な危機に直面しています。COVID-19ワクチンを開発することは、この大流行を抑制するための有効な戦略です。ワクチンは、高速で生産され、容易なスケールアップが求められます。ワクチン製造のタイムフレームを短縮するためには、組換えタンパク質、ウイルスベクター、組換えプラスミドDNAやmRNAなど核酸ベースのワクチンを検討する必要があります。組換えタンパク質の利点から、ワクチン開発時にタンパク質発現の使用が増加しており、これがタンパク質発現市場の成長を促進しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]