ヒトマイクロバイオームの市場規模、2028年に29億2,168万米ドル到達予測

ヒトマイクロバイオームの市場規模は、2021年の7億1,895万米ドルからCAGR22.2%で成長し、2028年には29億2,168万米ドルに達すると予測されています。ヒトのマイクロバイオータは、主に腸内細菌を中心に、一人一人が保有する何兆もの共生微生物細胞で構成されています。細菌、真菌、ウイルスなどの微生物は、時間の経過とともに蓄積される病気の原因物質であり、腸内に生息することで遺伝子活動や代謝プロセスが変化し、その結果、通常は人体に存在する物質や組織に対する異常な免疫反応が引き起こされます。これらの共生生物が果たす役割と、それらが人間の宿主の健康に与える影響を理解することを目的として、世界中でいくつかのマイクロバイオームプロジェクトが開始されています。ヒトマイクロバイオーム市場の成長は、生活習慣病の増加、ヒトマイクロバイオーム治療への注目の高まり、メタゲノミクスや次世代シーケンサーの技術進歩などの要因によるものです。しかし、政府の厳しいガイドラインや、詳細な検査に関する知識不足が市場の成長を妨げています。

生活習慣病の発症率の増加

過去数十年の間に、ヒトマイクロバイオームと、がん、糖尿病、肥満、うつ病などの生活習慣病との関係が明らかになってきました。ライフスタイルや社会的規範の変化は、人生の各段階でマイクロバイオームに影響を与えます。ヒトのマイクロバイオームを変化させることで、そのような生活習慣病を解消することができます。世界保健機関によると、2016年には世界各国の成人の13%が肥満になっています。2016年に発表された、The New Era of Treatment for Obesity and Metabolic Disorders(肥満と代謝障害の治療の新時代)によると、ヒトの消化管に存在する微生物は内分泌器官として機能しており、その組成や機能性が肥満の発症に寄与しているとされています。そのため、健康なドナーの糞便を患者に移植する糞便/腸内マイクロバイオーム移植(GMT)は、肥満の治療法として期待されています。

糖尿病は、21世紀の健康上の緊急課題の一つです。国際糖尿病連合(IDF)によると、北米における糖尿病患者数は2017年には4,600万人でしたが、2045年には6,200万人に増加すると予想されており、予測期間中の疾患有病率は35%となっています。糖尿病は、プレバイオティクス、プロバイオティクス、および糞便移植の投与によってマイクロバイオームを変更することによって予防および治療することができます。したがって、慢性生活習慣病の発生率の増加が、ヒトマイクロバイオーム市場の成長を促進しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]