小児用MRIの市場規模、2028年に56億8,818万米ドル到達予測

小児用MRIの市場規模は、2021年の34億2,590万米ドルからCAGR7.5%で成長し、2028年には56億8,818万米ドルに達すると予測されています。早産や小児疾患の増加、患者ケアを向上させるためのデジタルヘルス技術の導入が進んでいることが、市場成長の大きな要因となっています。小児用MRIは、磁場、電波、コンピューターを用いて、子どもの体内の詳細な画像を作成します。MRIは、脳、胸部、腹部、骨盤、先天性異常、四肢などの様々な症状の診断や治療のモニタリングに使用されます。早産や外科手術の増加、および画像診断の技術進歩が市場の成長を促しています。一方、小児用MRI市場の成長に伴い安全性の課題があります。

APAC(アジア太平洋)諸国では、COVID-19の症例が増加しています。私立病院チェーンでは、入院患者数と外来患者数が大幅に減少しています。これらの事象は、今後数年間、アジア太平洋地域の小児用MRI市場にマイナスの影響を与える可能性があります。

早産と小児疾患の増加が小児用MRI市場の成長を促進

早産児とは、妊娠37週未満で生まれた子供のことで、多胎妊娠、感染症、慢性疾患など、いくつかの要因によって引き起こされます。また、毎年100万人近くの赤ちゃんが早産の合併症で亡くなっており、世界的な問題となっています。世界保健機関(WHO)によると、毎年約1,500万人の早産児が生まれており、その60%以上は、アジア太平洋とアフリカ地域で記録されています。MRIは、早産児の脳の発達をモニターするのに役立つ貴重なツールです。このイメージングモダリティは、脳室周囲白質軟化症、脳室内出血、脳室周囲出血性梗塞など、数多くの病態の評価に役立ちます。例えば、2017年1月、Journal of American Academy of Neurologyに掲載された研究によると、出生直後の未熟児の脳のMRI検査を行うことで、障害の予測に役立つ脳内の白質領域を明らかにすることができます。

WHOによると、2019年には、推定520万人の5歳未満の子どもが、予防かつ治療可能な病気で死亡しています。これらの死亡の多くは、早産合併症、出産時の窒息、肺炎、先天性異常であり、時宜にかなった介入を行えば予防や治療が可能なものです。外傷や早産の増加、小児疾患の増加により、小児用MRIの導入は増加しており、市場成長の原動力となっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]