生のタバコ葉の市場規模、2028年に344億3,628万米ドル到達予測

生のタバコ葉の市場規模は、2021年の310億4,519万米ドルからCAGR1.5%で成長し、2028年には344億3,628万米ドルに達すると予測されています。タバコ製品は、生のタバコの葉を硬化させて作ります。タバコの葉には、脳の機能を刺激するニコチンと揮発性のアルカロイドが含まれており、たばこ製品の継続的な革新と、生のたばこ葉の販売に関する政府の規制は、積極的なベンダーに有益な機会をもたらすと予測されます。

生のタバコ葉市場は、今後、アジア太平洋地域が最大シェアを占めると考えられます。Asia-Pacific Heart Networkによると、同地域は世界で最も喫煙率の高い地域であり、年間230万人がタバコ関連の病気で死亡しており、世界のタバコ関連の死亡者数500万人の約半分を占めています。さらに、中国、バングラデシュ、インド、フィリピンなどの主要市場では、小売インフラの改善や、Philip MorrisやBritish American Tobaccoなどの著名なタバコ会社による集中的なブランドキャンペーンが、この地域の市場拡大を支えていると考えられます。

COVID-19パンデミックは、生のタバコ葉市場の状況を大きく変えました。このパンデミックは、生産、物流、観光・旅行業界に最も大きな影響を与えており、多くの国の政府がウイルスの拡散を抑えるためにロックダウンを余儀なくされています。そのため、ダウンタイムをかかえ遠隔地で仕事をしている企業もあるため、生産性や収入の低下につながっています。また、この危機により、製造、流通、旅行などが制限され、ビジネス、オペレーション、キャッシュフロー、財務状況に悪影響を及ぼしました。COVID-19前は大きく成長していた生のタバコ葉業界は、最近では、消費者が購入を躊躇しているため、タバコの需要を大幅に妨げています。タバコ製品が非必需品に分類されているため、タバコ葉やタバコ製品の需要が低迷しています。COVID-19は呼吸器系の病気であることから、人々はたばこ製品の使用を避けています。このように、COVID-19の発生は、将来的に生のタバコ葉市場の成長を抑制すると予想されます。

発展途上地域でのたばこ製品の消費拡大

タバコ製品の需要は、アジア太平洋や中東・アフリカなどの地域で急速に増加しています。アジア太平洋地域における需要の増加は、人口の増加、消費者の所得水準の向上、政府の寛大な規制などが要因となり、大幅な成長が見込まれています。大手たばこメーカーの、インド、中国、バングラデシュ、フィリピンなどの主要市場で行われている小売インフラの整備やブランドキャンペーンが、今後のアジア太平洋地域の市場成長を促進すると予測されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]