サーマルパレットカバーの市場規模、2028年に104億6,973万米ドル到達予測

サーマルパレットカバーの市場規模は、2020年には41億4,815万米ドル、2028年には104億6,973万米ドルに達すると予測されており、2021年から2028年にかけて12.5%のCAGRで成長することが見込まれています。サーマルパレットカバーは、温度に敏感な商品を厳しい天候の影響から守ります。サーマルパレットカバーを使用することで、熱を反射し、内部の水分を減少させることで、製品が温かくなくなるまでの時間を延ばし、熱伝達を遅らせることができます。また、輸送中の商品の周囲温度を維持し、積み下ろし、クロスドッキング、倉庫保管、梱包時に発生するわずかな温度上昇からも商品を守ります。医薬品、食品・飲料、化学品など様々なアプリケーション分野での需要の高まりは、サーマルパレットカバー市場の成長を促進する重要な要因の一つです。さらに、海運・物流業界の急速な成長も、今後数年間でサーマルパレットカバーの需要を促進すると予測されています。

2020年のサーマルパレットカバー市場は、アジア太平洋地域が最大シェアを占めました。今後は、北米が最も高いCAGRを記録すると予想されています。北米は、効果的な製造・貿易政策が市場成長を大きく支えています。北米地域では、食品・飲料産業の成長が加速しており、サーマルパレットカバーの需要が高まると予想されます。米国農務省によると、食品・飲料、農業、その他の関連部門は、2020年の米国GDPに5.2%のシェアにあたる1兆1,090億ドルの貢献をしています。2020年のアメリカの平均的な家庭の支出の中で、食品・飲料部門は13%のシェアを持ち、住宅部門、交通部門に次いで第3位となっており、ダメージフリーのパッケージへの需要や、主要な市場プレーヤーの存在が、市場成長を促進すると考えられます。Mettcoverは、地域全体で100以上のサイズで15種類のサーマルパレットカバーを提供しています。

COVID-19パンデミックの影響を受けたのは、自動車、電子機器、医薬品、医療機器・用品、消費財などの業界に携わる物流企業で、海上貨物、陸上貨物、航空貨物ともに需要が低迷し、操業停止や損失が発生しました。一方、パンデミックにより医薬品の需要が増加していることから、製薬業界ではサーマルパレットカバーの需要が高まっています。各国政府のCOVID-19ワクチンの導入により、ほとんどの国が規制を緩和しており、世界中でビジネス活動が活発化しています。ワクチンは温度に敏感なため、その輸送に携わる物流企業がサーマルパレットカバーの主要な消費者となり、同市場の成長を後押ししています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]