水溶性食物繊維の市場規模、2028年に45億4,647万米ドル到達予測

水溶性食物繊維の市場規模は、2021年の33億131万米ドルからCAGR4.7%で成長し、2028年には45億4,647万米ドルに達すると予測されています。水溶性食物繊維とは、水に分散してゲル状になる繊維と定義され、消化管内で粘性のあるゲルを形成し、胃から腸への食物の通過を遅らせる働きがあります。このような食物繊維は、野菜や果物、豆類、麦類などに多く含まれています。水溶性食物繊維は、腸内のビフィズス菌や乳酸菌を活性化して大腸の健康を促進し、冠動脈の健康を保ち、コレステロール値や血糖値を下げる働きがあります。消費者のライフスタイルの変化や、機能性食品素材としての食物繊維の利用が増加していることが、水溶性食物繊維の需要を押し上げています。また、食品・飲料、医薬品・栄養補助食品、動物飼料など様々な業界で水溶性食物繊維の用途が拡大していることも、今後の市場成長の原動力になると考えられます。

2021年、水溶性食物繊維市場では、アジア太平洋地域が最大シェアを占めると予測されます。これは、同地域での健康やウェルネスに対する意識の高まりによるものです。また、製造拠点が存在し、食品・飲料加工産業からの水溶性食物繊維の需要が高まっていることも、同地域の市場成長を後押ししています。消費者のライフスタイルの変化や食品・飲料業界の活況に加え、主要なプレーヤーによる市場参入が、同地域の市場成長を促進すると予想されます。また、継続的な研究開発や、医薬品・栄養補助食品、動物飼料などの産業自体の成長も、水溶性食物繊維の普及を促進しています。

COVID-19の水溶性食物繊維市場への影響

COVID-19パンデミックは、食品・飲料産業の状況を大きく変え、水溶性食物繊維市場の成長にマイナスの影響を与えています。国境封鎖やバリューチェーンに混乱が状況を悪化させ、市場成長にマイナスの影響を与えています。一方、消費者は健康的な生活へのニーズを再認識しており、栄養食品への関心から、オーガニック製品、ナチュラル製品、クリーンラベル製品へと嗜好が移り、食物繊維市場に成長機会が生まれています。WHOの健康ガイドラインでは、免疫力を高めるために、1日あたり25gの食物繊維を摂取することが提唱されています。オーツ麦、大麦、エンドウ豆、リンゴ、柑橘類、ジャガイモなどから得られる水溶性食物繊維や、化学的に合成された硫酸化グルカンは、便秘を改善し、強い抗ウイルス作用を示す可能性があります。さらに、イヌリンとオリゴフルクトースは、植物性のプレバイオティクス水溶性食物繊維に分類されており、パンデミックの状況下において欠かせない、腸の健康を維持する機能を持っています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]