軟水器の市場規模、2028年に135億5877万米ドル到達予測

軟水器の市場規模は、2021年の102億5517万米ドルからCAGR4.1%で成長し、2028年には135億5877万米ドルに達すると予測されています。硬水は、カルシウムやマグネシウムの蓄積により、食器洗い機やコーヒーメーカー、給湯器などの機器の寿命を大幅に低下させます。軟水器は、カルシウムイオンやマグネシウムイオンを除去するのに役立つため、住宅用や自治体用に広く使用されています。さらに、急速な都市化、大都市への人口移動、第1級・第2級都市の人口急増により、効果的な軟水器システムの必要性が高まっています。国連経済社会局(UN DESA)によると、世界の都市人口は、1950年の7億5,100万人から2018年には42億人へと劇的に増加しています。これらの要因により、様々な目的での軟水の需要が高まっており、同時に軟水器のニーズの高まりにもつながっています。

APAC(アジア太平洋)の軟水器市場は、高いCAGRで成長すると予想されています。APACの商業部門が急速に成長することが予想されるため、軟水器の需要は今後数年間で増加すると考えられます。商業用アパート、レストラン、ホテル、コインランドリー、病院などでは、使いやすさを追求し、水処理装置の寿命を延ばすために軟水器を導入しています。

COVID-19の軟水器市場への影響

COVID-19パンデミックは、軟水器市場の状況を大きく変化させ、その成長に悪影響を及ぼしています。COVID-19の発生により、業務効率が低下し、国内外の境界線が突然閉鎖されることでバリューチェーンが中断し、収益の損失が発生しています。この混乱により、原材料の供給が制限され、その結果、市場の成長が妨げられ、最終用途市場の発展にも影響を与えました。しかし、経済活動の再開が計画されていることから、今後数ヶ月の間に軟水器の需要は世界的に増加すると予想されます。

塩を使用しない軟水器の需要の高まり

塩を使用しない軟水器は、硬水に含まれるカルシウムイオンとマグネシウムイオンを化学的に変化させ、表面に付着してスケールが形成されないようにするものです。また、塩を使う軟水器に比べて、設置が簡単でメンテナンスも少なく、価格も安く済みます。このように、塩を使用しない軟水器の需要の高まりは、今後数年間の軟水器市場の重要なトレンドになると予想されます。

タイプ別の見通し

市場は、タイプ別に塩を使う軟水器と塩を使用しない軟水器に分けられます。2020年には、塩を使う軟水器セグメントが大きな市場シェアを占めました。塩を使う軟水器は、イオン交換のメカニズムを利用して硬水を軟水に変えるろ過装置です。水からカルシウムやマグネシウムなどの硬度の原因となるミネラルを除去するために使用されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]