車載用チャージャーおよびUSBデータハブの市場規模、2028年に1億9,688万米ドル到達予測

車載用チャージャーおよびUSBデータハブの市場規模は、2021年の1億4,807万米ドルからCAGR4.1%で成長し、2028年には1億9,688万米ドルに達すると予測されています。運転支援システム(DAS)の普及により、自動車メーカーは車両の自動化に注目しており、安全で豪華なスマートカーへの嗜好の高まりを受けて、優れたエンターテインメントシステムを搭載した自動車を開発しています。自動車アクセサリーメーカーは、より良い車内体験を提供するために、洗練されたUSBシステムを開発して対応しています。Jumplux Technology.は、SPD102 – USB2.0 MEDIA HUB SOCを提供しています。SPD102は、2つのダウンストリームポートとカードリーダーを備えた高速USB2.0ハブです。また、通常のUSBハブとは異なり、USB経由で接続することで、iOSデバイスと車載ヘッドユニットの内蔵ディスプレイとの通信を可能にするcarplayに対応しています。ダウンストリームポートでは、USB-IF Battery Charging Specification version 1.2 (BC 1.2)にも対応しています。さらに、技術的に洗練されたインフォテイメント事業者は、駐車支援、予測ナビゲーション、事前旅行計画、クラウド対応の同期などの重要な機能を実装しています。さらに、顧客はUSBハブを使って、連絡先リストや通話記録を見たり、メッセージを読んだりすることができます。スマートフォンと車載インフォテインメントシステムの融合が進む中、ワイヤレスで最新のエンターテインメントシステムを搭載した高級車を購入する人が増えています。このように、インフォテインメントシステムやDASに対する嗜好の高まりを受けて、より良いユーザー体験のために高解像度のインフォテインメントシステムの製造が急速に増加していることが、車載用チャージャーおよびUSBデータハブ市場の成長に寄与しています。

COVID-19パンデミックの車載用チャージャーおよびUSBデータハブ市場への影響

世界保健機関(WHO)の最新状況報告によると、COVID-19の発生により、米国、スペイン、イタリア、フランス、ドイツ、英国、ロシア、トルコ、ブラジル、イラン、中国などが最悪の被害を受けています。このパンデミックは世界中の産業に影響を与えており、世界経済は2020年に、そしておそらく2021年にも最悪の打撃を受けると予想されています。COVID-19の発生により、食品・飲料、エネルギー・電力、電子・半導体、化学、自動車などの第一次産業に大きな混乱が生じています。自動車の生産活動の急激な低下は、車載用チャージャーおよびUSBデータハブ市場の成長にもマイナスの影響を与えています。封じ込めのための工場閉鎖、渡航禁止、貿易禁止、国境封鎖などが、車載用チャージャーやUSBポートの製造に必要な各種電子部品の製造、供給、販売に影響を与えています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]