貿易監視システムの市場規模、2028年に27億8,952万米ドル到達予測

貿易監視システムの市場規模は、2021年の9億5,865万米ドルから2028年には27億8,952万米ドルに達し2021年から2028年にかけて16.5%のCAGRで成長すると予測されています。貿易監視システムは、市場操作、行動パターン、不正の監視・検出し、違法、不正、操作的な取引は、システムによって防止されます。市場操作を防止するための監視システムへの需要の高まりは、市場のプレーヤーに、強力な顧客基盤を構築し、収入を増やす機会を提供しています。様々なプラットフォームからの証券取引の拡大は、企業にとって大きな問題となっています。

企業は、取引の不正行為が増加していることから、業務を最適化するためにプロアクティブな取引監視システムを導入する傾向にあります。さらに、このシステムによって、価格の駆動要因を調査することができるため、事業計画のための洞察力に対する需要は、魅力的な市場機会となることが期待されます。このような要因が、今後数年間の貿易監視市場の成長を牽引するものと考えられます。

証券取引法は、証券取引委員会(SEC)に証券業界に対する広範な規制権限を付与しています。これには、全米の証券会社、証券代行会社、決済機関、証券自主規制機関(SRO)を登録、規制、監督する権限が含まれます。証券取引所には、ニューヨーク証券取引所、ナスダック株式市場、シカゴボードオブオプションなどがあります。SROの一例として、Financial Industry Regulatory Authority(FINRA)があります。また、証券取引法では、ある種の市場活動を認定・禁止し、規制対象企業とその関係者に対する懲戒権を欧州委員会に付与しています。これらの管理機関による厳格な取引ルールや規制は、地域全体の取引監視システムの導入に貢献しており、取引監視システム市場の成長につながっています。

2020年の世界の貿易監視システム市場では、北米が第1位の座を占めており、同地域でのセキュリティ投資の不正増加に起因しています。顧客は、ソーシャルメディアプラットフォームや検索エンジン上の広告に誘われて高リスクな取引に参加し、多額の金銭的損失を被ります。このような不正取引プラットフォームの増加は、取引監視システムの高い導入率に寄与しており、貿易監視システム市場の成長を促進しています。

COVID-19の貿易監視システム市場への影響

COVID-19の流行は、世界中のあらゆる産業に深刻な影響を与えており、地域の経済発展に直接影響を及ぼします。各国でCOVID-19が拡散し、2020年の第1四半期から第2四半期にかけてロックダウンが行われたことで、多くの企業が停止状態に陥り、2020年の技術投資は減少しました。また、世界的に株式市場は価格変動が激しくなり、取引活動が減少しました。そのため、貿易監視市場の成長率も低下しました。しかし、2020年の第3四半期に経済が回復し始めると、世界中の取引活動も正常化し、貿易活動の遠隔監視を可能にする、クラウドベースの貿易監視ソリューションへの投資が増加しています。このように、COVID-19パンデミックは、世界の貿易監視市場に中程度の影響を与えています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]