旋回ベアリングの市場規模、2028年に58億3,120万米ドル到達予測

旋回ベアリングの市場規模は、2021年の40億2,510万米ドルからCAGR5.4%で成長し、2028年には58億3,120万米ドルに達すると予測されています。国家安全保障に対する懸念の高まりを受けて、各国政府は防衛力強化のために多額の資金を投入しています。米国、中国、インド、サウジアラビア、韓国などでは、防衛費の支出額が前年比で増加しています。現在、ほとんどの軍隊では、通信や戦闘システムの近代化がピークに達しており、防衛予算のかなりの割合が、戦闘戦車、ミサイルシステム、通信システムなどの高度な武器や電子機器の調達に費やされています。旋回ベアリングは、戦車の砲塔、ミサイルランチャー、精密レーダーアンテナ、通信アンテナ、銃座などに幅広く使用されています。このように、世界各国の防衛予算の増加が旋回ベアリング市場を牽引しています。

COVID-19の旋回ベアリング市場への影響

COVID-19パンデミックは、2020年に鉱業、製造業、医療、エネルギー・電力、航空宇宙・防衛、建設などの産業に混乱をもたらし、収益の大幅な減少を招きました。渡航制限、貿易禁止、職場での労働力制限などの封じ込め策の実施により、旋回ベアリングなどの産業機器を含むビジネスの製造、供給、販売に影響が出ています。

再生可能エネルギーの需要の高まりが、旋回ベアリング市場の成長を促進

現在、クリーンエネルギー市場では、太陽エネルギーと風力エネルギーが大きな割合を占めています。これらのエネルギー源は、運用コストやメンテナンスコストが非常に低いため、最も安価なクリーンエネルギー源と考えられています。旋回ベアリングは、太陽電池パネルの高度・方位角取り付け部やギアボックス、風車の風力発電部などに使用されています。このように、クリーンエネルギーの重要性の高まりと、陸上および洋上の太陽光発電所や風力発電所の設置数の増加は、今後の旋回ベアリング市場の成長を促進すると考えられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]