消費者向けビデオフィードバックソフトウェアの市場規模、2028年に25億3,961万米ドル到達予測

消費者向けビデオフィードバックソフトウェアの市場規模は、2021年の15億515万米ドルからCAGR7.8%で成長し、2028年には25億3,961万米ドルに達すると予測されています。消費者向けビデオフィードバックソフトウェアは、顧客からのリアルタイムのフィードバックを収集するため、調査ソフトウェアやアンケートソフトウェアとして使用されています。このソリューションは基本的に、テキストベースの定量的なフィードバックではなく、データの収集と管理、およびビデオインサイトの分析のみに焦点を当てています。クラウドベースの先進的なビデオフィードバックの採用が進むにつれ、顧客は自由形式の質問に率直な回答をすることができるようになり、文脈を理解してインサイトに感情移入することができるようになります。消費者向けビデオフィードバックソフトウェアは、効果的な意思決定のためのデータ駆動型ソリューションであり、スマートフォンやタブレットを使って消費者がビデオフィードバックを記録できるようにすることで、現顧客をビデオフィードバックの対象とし、外部の視聴者からビデオフィードバックを得たりすることができます。また、キーワード分析、人力またはコンピュータによるトランスクリプション、センチメントスコアリングなどの動画分析機能を提供し、ユーザーが個々の動画回答を正確に管理、タグ付け、ソート、分析し、顧客やステークホルダーと共有することを支援します。

COVID-19が消費者向けビデオフィードバックソフトウェア市場に与える影響

世界保健機関(WHO)が発表した最新の状況報告によると、COVID-19パンデミックの影響を最も受けている国は、米国、スペイン、イタリア、フランス、ドイツ、英国、ロシア、トルコ、ブラジル、イラン、中国となっています。2020年、世界経済が受けた影響はある程度続くと予想されています。感染に対処し封じ込めるための工場閉鎖、渡航・貿易禁止、国境封鎖などにより、FMCG、BFSI、エレクトロニクス、IT・通信、小売、ホスピタリティなどの主要産業に混乱が生じています。COVID-19の発生により、これらの産業の成長が急激に低下したことが、同市場の成長をある程度抑制しています。

FMCGと小売業の成長が消費者向けビデオフィードバックソフトウェア市場の成長を促進

FMCG(Fast Moving Consumer Goods)とは、健康、家庭、パーソナルケア、食品・飲料などのマーケティング、生産、販売を行う、異なる製品カテゴリーの消費財を指します。可処分所得の増加に伴い、消費者は贅沢なパーソナルケア製品に多額の費用をかけることができるようになりました。さらに、新しいブランドや製品の研究開発、オンラインショッピング、発展途上国の農村部を中心としたFMCGネットワークの拡大などが、FMCG市場のプレーヤーに大きなチャンスをもたらします。最近では、個人の健康や衛生に対する関心が高まっており、消費者の購買意思決定が変化しています。FMCG業界では、高度な技術ソリューションの採用に伴い、消費者のビデオフィードバックソフトウェアの調達も拡大しています。また、消費者によるパーソナルケア製品のフィードバック調査は、フィードバックデータを効率的に分析することで、消費者の要求を満たすことが出来るために、時間をかけて行われています。同様に、モバイル機器、スマートフォン、インターネットサービスの普及と、世界的に強力なショッピングプラットフォームとしてのeコマース産業の出現により、現代的なショッピング方法である、インターネットを中心とした小売業も常に成長しています。また、オンライン販売を選択するサプライヤーの数が増加し、消費者の購買行動が変化していることも、小売業界を後押ししています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]