空港ロボットの市場規模、2028年に21億829万米ドル到達予測

空港ロボットの市場規模は、2021年の5億1,256万米ドルからCAGR22.4%で成長し、2028年には21億829万米ドルに達すると予測されています。国家安全保障に対する脅威の増加に伴い、その特定のため、尋問アプローチへの継続的な努力がされています。瞬時に認識される脅威は、一般的には、爆発物、武器、化学剤、禁制品などで構成されています。不確実な出来事を防ぐために、各国の当局は、空港のセキュリティを強化するために、ロボットなど高度なシステムの導入に取り組んでいます。空港のセキュリティ用途に使用されるロボットは、顔認識システム、センサー、遠隔で脈拍を測定するカメラなどの機能が統合されており、空港業務や乗客の流れを妨げることなく、不審者、通貨、武器や爆発物、遺棄物、その他の不正な物質を検出することができます。また、各国政府は、新空港の建設など交通インフラの整備に投資しています。例えば、中国政府は2035年までに215の空港を、インド政府は2024年までに100の空港の新設を、それぞれ予定しています。

COVID-19の空港ロボット市場への影響

COVID-19パンデミックとそれに伴う封じ込め政策は、製造プロセスの一時的な停止をもたらし、2020年の空港ロボット市場にわずかながら影響を与えました。しかし、2020年の第3四半期から製造プロセスは徐々に再開され、空港ロボットの需要増加とともに、メーカーは全体の収益とキャッシュフローを安定させることができました。

先進的ロボットへの需要が市場の成長を後押し

OEMメーカーは研究開発への投資を増やしており、最高クラスの高度なロボットを開発しています。ここ10年間の空港の交通量の多さから、さまざまな運用を最適化する必要性が見受けられます。多くの企業が業務の簡素化のために空港用ロボットを提供しており、労働力の最適化、業務パフォーマンスの向上、リスクの軽減、旅行者の体験の向上のために、自律型ロボットの導入に焦点を当てています。その結果、多くの空港では、セキュリティ、荷物の取り扱い、乗客の誘導、清掃などのアプリケーションに、最高クラスの高度ロボットの提供が可能な、ロボットサプライヤーとの提携に注目しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]