極低温用制御バルブの市場規模、2028年に31億1,779万米ドル到達予測

極低温用制御バルブの市場規模は、2021年の22億6,707万米ドルからCAGR4.7%で成長し、2028年には31億1,779万米ドルに達すると予測されています。英国、米国、オーストラリア、ドイツ、インド、中国などの先進国および発展途上国では、産業用ガスの需要が増加しています。各種産業において、特定の用途のために産業ガスが製造されています。主な産業ガスとしては、酸素、窒素、アルゴン、二酸化炭素、ヘリウム、水素、アセチレンなどが挙げられます。極低温バルブは、圧縮天然ガス(CNG)や液化天然ガス(LNG)などの液化ガスの輸送、使用、貯蔵に広く使用されています。インドでは、2021年度にCNG車の販売台数が前年比49%増を記録し、その市場シェアは2020年の4%から2021年には6%に拡大しています。液体窒素などの液化ガスは、皮膚の異常を取り除くクライオセラピー、食品の輸送・凍結、超伝導体の冷却、血液の低温保存などで需要が高まっています。

また、酸素の製造には、空気分離プラントで大規模に使用される極低温バルブが使用されています。近年、酸素の需要が高まっていることも、極低温制御バルブ市場の成長に寄与する要因となっています。ガス産業に必要な極低温バルブには、ゲートバルブ、チェックバルブ、グローブバルブ、リフトチェックバルブ、ボールバルブ、ピンチバルブ、ストップチェックバルブ、バタフライバルブ、ティルティングディスクチェックバルブ、プラグバルブ、ダイヤフラムバルブ、安全バルブ、圧力リリーフバルブなど、さまざまな種類があります。また、化学、石油化学、製鉄、鉱業、環境保護、金属、医療、バイオテクノロジー、医薬品などの分野で産業用ガスの需要が増加しており、バルブの需要も大幅に増加すると予想されています。

COVID-19が極低温制御バルブ市場に与える影響

COVID-19パンデミックは、石油・ガス産業全体に悪影響を及ぼしています。いくつかの国が国際貿易を封鎖したため、サプライチェーン活動に大きな混乱が生じました。さらに、産油国による継続的な生産により、主要産油国の生産活動が大幅に低下し、各国で石油・ガス価格が大幅に下落しました。その結果、石油・ガスの生産活動が停止し、極低温制御バルブをはじめとする関連製品およびサービスの需要が減少しました。

パンデミックの影響で、消費財の需要急増から、食品加工ビジネスの増加につながり、極低温制御バルブの使用がある程度安定しました。2020年第1~2四半期の低温制御バルブ市場は低迷しましたが、経済活動の継続に伴い、需要は回復傾向にあり、世界市場も今後数年間のうちには回復すると考えられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]