マルチビューアーモニタリングシステムの市場規模、2028年に15億5,414万米ドル到達予測

マルチビューアーモニタリングシステムの市場規模は、2021年の11億1,313万米ドルからCAGR4.9%で成長し、2028年には15億5,414万米ドルに達すると予測されています。より高品質な映像や音声を求める消費者の欲求により、過去数十年にわたって製品や技術が継続的に改良されてきたことで、放送分野でも大きな改革をもたらしました。映像がUHDや4Kフォーマットで制作されるようになると、IPライブプロダクション技術が開発され、同じフォーマットで伝送することで視聴品質を向上させることができるようになりました。これは、システムコントロールが流動的かつ効率的でなければならないライブプロダクションでは特に重要な要因です。放送局では、従来のSDIベースのセッティングから、システム管理や効率化を実現するライブプロダクションシステムに置き換えるための製品開発に力を入れています。また、高効率ビデオコーディング(HEVC)規格の導入が進んでいることも、業界におけるエンコーダの需要を押し上げています。さらに、マルチチャンネルビデオエンコーダの登場により、ユーザーは複数のストリームを生成できるようになり、システム要件が軽減されています。

COVID-19のマルチビューワモニタリングシステム市場への影響

COVID-19の流行により、エンドユーザによる革新的な製品や技術への投資が減少しています。また、製造ユニットの一時的閉鎖により、市場のプレーヤーによる多視点監視システムの製造に影響が出ました。さらに、サプライチェーンの混乱は、地域全体の製造部品と最終製品の両方の供給に悪影響を及ぼしました。

各産業分野でのマルチビューワーモニタリングシステムの採用増加

マルチビューワーモニタリングシステムは、放送業界以外にも、小売、軍事・防衛、教育、航空宇宙など、さまざまな業界で採用が進んでいます。これらの業界では、衛星アップリンク/ダウンリンク、ケーブルヘッドエンド/IPTVヘッドエンド、中継車、ビデオウォール、NOCコントロールルーム、監視セキュリティ情報ディスプレイ、交通・輸送アプリケーションなど、幅広い用途でマルチビューワーモニタリングシステムが採用されています。

マルチビューワ監視システムのプロバイダは、市場シェアを拡大するために、各業界向けにカスタマイズしたソリューションを提供しています。例えば、Spy CCTV PTY LTDのHDMI 4×1 Quad Multi-Viewerソリューションは、複数のHDオーディオおよびビデオ信号をシームレスに1つの画像に切り替えるだけでなく、複数の信号を分割して同じモニターに表示することができ、ビデオ分割モードを備えています。マルチユーザーのビデオ会議システム、監視カメラのモニタリングは、小売店などで広く使われています。また、RGB Spectrum社は、防衛、航空宇宙、企業、医療、政府、セキュリティ、教育などの業界向けに、幅広くマルチビューワーモニタリングシステムを提供しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]