測定機器用の校正器の市場規模、2028年に18億5,403万米ドル到達予測

測定機器 の市場規模は、2021年の12億7,757万米ドルからCAGR5.5%で成長し、2028年には18億5,403万米ドルに達する予測されています。先進国と新興国の双方で卓上型や携帯型の機器用校正器が利用できるようになったことが、機器用の校正器市場の成長に貢献しています。携帯型の校正器は、使いやすいインターフェースと手頃な価格で広く普及しており、世界的に需要が高まっています。市場シェアを拡大するために、メーカーは低価格の機器用校正器を開発しています。例えば、横河電機が最近発売したポータブル圧力校正器CA700は、その一例で、高精度、長期安定性、現場での校正・保守作業への強力なサポートを特徴としています。WIKA Alexander Wiegand SE & Co. KGは、ラボ、生産工場、ワークショップで使用される電気校正器を発売しました。これらの機器のエンドユーザーは、校正サービス会社や品質保証部門になります。

COVID-19パンデミックが北米の測定機器用の校正器市場に与える影響

COVID-19パンデミックは、2020年の測定機器用校正器市場にマイナスの影響を与えました。COVID-19発生以降、その蔓延に対抗し社会的距離を遵守するため、世界中の製造工程が一時的に閉鎖され、製造拠点の閉鎖に伴う物流面での問題が発生しました。一方、2020年の第3四半期の製造プロセス再開以降、測定機器用校正器の需要が回復し始めたことで、メーカーは全体の収益とキャッシュフローを安定させています。

政府規制と技術開発が測定機器用の校正器市場の成長を後押し

FDA(Food and Drug Administration)やEPA(Environmental Protection Agency)などの政府規制機関は、さまざまな製造工場の排出物などを厳しく規制することを要求しています。製造工程で水銀を使用している企業は、隣接する環境や生態系に悪影響を及ぼす可能性があるため、工場の排出物を監視するセンサーを調整して、排出物に水銀が含まれていないことを確認する必要があります。FDAは、医薬品の化学的組成について定期的に校正することを制定しています。そのため、装置の試験・測定は、正しい測定値と製造装置の動作を確認するために行われ、医薬品の化学的組成を製造する際のエラーを抑制します。

BEAMEXは、世界中の校正プロセスを改善するための校正ソリューションを提供しています。プロセス産業向けには、Beamex CMX 校正管理ソフトウェアを提供しています。この製品は、校正作業や資産の計画、管理、分析、文書化を効率的かつ安全に行うことができます。Beamex LOGiCAL は、サブスクリプションベースの校正ソフトウェアです。Beamex bMobile は、機器の校正、メンテナンス関連の検査、および計量器の校正プロセスを実行し、文書化するためのモバイルアプリケーションです。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]