電力品質関連機器の市場規模、2028年に451億3,190万米ドル到達予測

電力品質関連機器の市場規模は、2021年の284億9,960万米ドルからCAGR6.8%で成長し、2028年には451億3,190万米ドルに達すると予測されています。世界の電力消費量は、製造業や加工業の急速な成長に伴い増加しています。また、運輸、医療、商業、住宅分野からの需要も電力消費量の増加に大きく貢献しています。アジア太平洋地域では、人口の増加、可処分所得の増加、デジタル化の進展により、オンライン決済が好まれる傾向にあります。また、同地域では、製造業の推進政策が進められており、例えば、インド政府は、Make in Indiaイニシアティブにおり、国内外の企業の製造施設の設立を奨励しており、インド国内に最高水準の製造インフラを構築しています。また、中国政府は、国内の製造業を強化し、世界で最も魅力的な市場となることを目指して、Made in China 2025プログラムを導入しました。このような動向を受けて、産業界では安定した電力供給を確保し、電力変動による損傷からハードウェアを保護するために、電力品質関連機器の導入が急増しています。また、日用消費財の需要増加に伴う加工産業の継続的な成長が、電力品質関連機器市場の需要を高めています。

COVID-19パンデミックの電力品質関連機器市場への影響

COVID-19の発生による影響は、2021年にもいくつかの国で見受けられます。事業停止や事業活動の制限、ロックダウンや渡航制限などにより、電力品質関連機器の生産やサプライチェーンに支障をきたし、無停電電源装置(UPS)、静電VAR補償装置、高調波フィルタ、電力品質計、パワーコンディショナー、電力品質分析器などの機器の採用が減少しています。しかし、2020年の最終四半期から事業活動が再開されたことにより、市場関係者は今後の需要が着実に伸びると予想しています。製造業、商業、金属、セメント、発電、教育、娯楽、エレクトロニクス、エネルギー、航空、輸送などがパンデミックの影響を受ける主要産業です。

電気通信分野における電力供給への需要が市場の成長を後押し

近年、通信インフラは急速に発展しており、音声やデータの伝送サービスを効率的に行うために、データセンターやサーバー、インターネット関連のインフラや機器など、より高度な通信システムが追加されています。しかし、現代の通信システムは、データ伝送に使用される電子部品がサグ/ディップ、スウェル、トランジェント、高調波の影響を受けやすいため、電力に関する問題が発生しやすくなっています。通信機器は、短絡、接続の緩みや故障、モーターの起動による、電圧の低下と膨張など、負荷の急激な増加によって引き起こされる電力変動が発生すると、トリップすることがあります。このような事態は、通信の途絶を招き、通信事業者に高額な費用が発生するだけでなく、機器の誤動作や故障の原因にもなります。そのため、通信事業者は、定められた範囲内の電圧を安定的に供給するために、電力品質関連機器を導入しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]