オイルコンディショニングモニタリングの市場規模、2028年に15億7,293万米ドル到達予測

オイルコンディショニングモニタリングの市場規模は、2021年の9億8,296万米ドルからCAGR6.9%で成長し、2028年には15億7,293万米ドルに達すると予測されています。石油・ガス業界における、産業用モノのインターネットの採用は、効率の向上から安全リスクの低減、出張の削減まで、環境負荷を大幅に低減しています。石油・ガス企業がIIoTに注目する理由は、エネルギーの節約、石油流出などの大惨事の回避、二酸化炭素の排出量の削減に役立つからです。IIoTは、エネルギーや資源の消費を監視することもできます。インテリジェントな技術は、オペレーションから消費者との対話まで、石油・ガスのサプライチェーンのほぼすべての領域に影響を与えています。サプライチェーンにおけるスマートデバイスは、石油・ガス業界に対し、レガシーな分野で迅速に近代化するチャンスも与えています。また、IoTは、データ収集方法を大幅に改善する可能性を秘めています。

COVID-19のオイルコンディショニングモニタリング市場への影響

COVID-19パンデミックは、製造業やIT企業など様々な産業の操業に支障をきたしました。しかし、FMCG(Fast-Moving Consumer Goods)や医薬品などの必須産業は、この状況下で業務を継続しなければなりませんでした。石油業界は過去12ヶ月間で3回の価格暴落を経験しました。最初の2回の暴落後、業界は回復し、通常通りの業務が再開されました。しかし、3回目の暴落は、供給ショック、過去に経験したことのない低い需要、そしてパンデミックという条件下で起きました。リターンの悪さは、シェールガスの導入、過剰生産、資本規律の欠如を無視した自由な金融市場に起因しています。価格が30年ぶりの安値に近づき、世論の圧力が高まる中、リーダーたちは変化が避けられないことを認識しました。このことは、同時に、オイルコンディショニングモニタリング市場にも大打撃を与えました。

発電需要の高まりがオイルコンディショニングモニタリング市場の成長を後押し

世界のエネルギー消費量は今後数年間で増加し、2035年には年間使用量が778エッタジュールに達すると予想されています。これは、世界人口の増加と、中国やインドなどの発展途上国における経済・産業の成長によるものです。産業機械などの設計者やメーカーは、加熱・冷却損失の低減、熱伝導の改善、電動機の改良などにより、製品のエネルギー効率を向上させる方法を常に模索しています。原子力発電は、信頼性の高いベースロード電力の必要性や、地球規模の気候変動の脅威などの要因により、引き続き必要とされています。さらに、原子力発電は、ほとんど炭素を含まない唯一の大規模な電力源であるため、エネルギー戦略の重要な要素となっています。世界の電力の約20%、低炭素エネルギーの60%以上を生産している原子力発電所は、電力需要の増加に対応するためのエネルギー源として大きな存在です。一方で、核燃料サイクルの問題があり、自然災害や人為的災害が発生した場合におよぶリスクが高いため、施設内のオイルコンディショニングモニタリングの需要も高まっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]