微生物エアサンプラーの市場規模、2028年に4億217万米ドル到達予測

微生物エアサンプラーの市場規模は、2021年の2億2,769万米ドルからCAGR8.5%で成長し、2028年には4億217万米ドルに達すると予測されています。微生物エアサンプラーは、空気中または制御された環境中の微生物粒子を調べるための装置で、一定期間、空気を収集媒体に強制的に送り込むことで動作します。その後、得られた培養物をインキュベートし、空気中の微生物の存在を定性的および定量的に評価します。この製品は、クリーンルームや衛生面で配慮が必要な製造エリア、食品業界で使用されるさまざまな機器の微生物汚染検査の際に使用することができます。

微生物エアサンプラー市場の成長は、COVID-19対策で利用が拡大していることや、微生物による食品汚染の事例が増加していることなどが主な要因となっています。しかし、高度なラボを設置するための高額な設備投資が市場成長の妨げとなっています。

新興市場での産業活動の増加

アジア太平洋地域、ラテンアメリカ、アフリカなどの地域で工業化が進んだことにより、環境汚染や環境悪化に対する人々の意識が高まりました。経済活動は、環境の質を向上させたり劣化させたりする可能性があり、それが経済活動の助けになったり妨げになったりします。周囲の大気汚染は、脳卒中、心臓病、肺がん、急性および慢性呼吸器疾患による、年間推定420万人の死亡原因となっています。また、世界人口の約91%が、大気質が世界保健機関(WHO)の汚染物質のガイドラインリミットを超える地域に住んでいます。そのため、数多くの環境保護法が制定されており、微生物エアサンプラー市場に大きなチャンスをもたらしています。新興国では、厳しい環境法が汚染集約型の産業に悪影響を及ぼすと考えられています。さらに、先進国の環境規制は常に発展途上国よりも厳しいものとなっています。今後5年間で、主にアジア太平洋地域の発展途上国において、公害や環境汚染の増加に伴い、さまざまな変更や新しい環境安全基準が導入される可能性があります。残留農薬、重金属、有機化合物などの汚染物質サンプルの革新的な検査方法の絶え間ない開発は、市場の成長に大きく貢献すると考えられます。2021年3月、Bertin Technologies社は、SARS-CoV-2を採取し、重要な地域におけるエアロゾル汚染のリスクを評価するためのコリオリ式エアサンプラーを発売しました。2021年5月、Aerosol Devices Inc.は、特にフィールドアプリケーション用に設計された新しいBioSpot-GEMサンプラーを発表しましたWHOは、家庭の大気汚染に取り組むために、材料のモニタリングと評価を行うClean Household Energy Solutions Toolkit (CHEST)を開発しています。

製品別の考察

市場は、製品別に、ポータブル微生物エアサンプラー、デスクトップ微生物エアサンプラー、アクセサリーに分けられます。2021年にはポータブル微生物エアサンプラーセグメントが最大シェアを占め、今後も高いCAGRを記録すると予想されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]