ハイスループットスクリーニングの市場規模、2028年に282億5,571万米ドル到達予測

ハイスループットスクリーニングの市場規模は、2021年の159億9,747万米ドルからCAGR8.5%で成長し、2028年には282億5,571万米ドルに達すると予測されています。ハイスループットスクリーニング(HTS)は、特定の生物学的標的に対する様々な化学的または生物学的化合物のテストを自動化できる創薬方法です。また、製薬業界で広く用いられており、ロボットや自動化を活用して、通常は医薬品の多数の分子の生物学的または生化学的な活性を迅速にテストします。さらに、大規模な化合物ライブラリーをすぐに費用対効果の高い方法でスクリーニングできるため、ターゲット分析を加速することができ、薬理学的なターゲットを評価し、GPCRなど受容体や酵素のアゴニストやアンタゴニストを薬理学的にプロファイリングするための貴重なツールです。製薬およびバイオテクノロジー業界による研究開発への投資の増加や、ハイスループットスクリーニング市場における技術的に先進的な製品の導入などの要因が、長年にわたって市場の成長を後押しすると予想されます。しかし、そのコストの高さ、訓練を受けた専門家の不足、アッセイ開発の複雑さなどが、今後数年間の市場成長の妨げになると考えられます。

製薬会社やバイオテクノロジー企業による研究開発投資の増加

製薬会社やバイオテクノロジー企業による研究開発費の増加や、心血管障害、癌、免疫疾患、代謝疾患、神経疾患などの様々な慢性疾患を治療するための重要な医薬品パイプラインが、ハイスループットスクリーニング市場の注目すべき牽引要因となっています。大手および中小の製薬会社が、生命を脅かす病気の治療のために新しい分子の開発と製造に携わっています。そのため、増え続ける薬剤ターゲット分子のニーズに対応するために、膨大な化学物質ライブラリーをスクリーニングする自動ハイスループットスクリーニング(HTS)手法が選択されるようになりました。例えば、自動化されたハイスループットスクリーニングシステムは、1日で約10,000〜100,000のターゲット化合物をスクリーニングすることができます。製薬会社やバイオテクノロジー企業は、過去10年間でハイスループットスクリーニング技術に多大な投資を行ってきました。例えば、Millennium PharmaceuticalsとBayerの有名なアライアンスでは、わずか8ヶ月足らずで、18の新規創薬ターゲットを発見し、そのうちの4つをハイスループットスクリーニングに導入することに成功しました。このアライアンスでは、ゲノミクス研究に基づいた新しい生産アプローチを採用し、分子をできるだけ早く臨床試験に投入しています。ハイスループットスクリーニングは、創薬プロセスにおいて重要な技術とみなされています。例えば、Boehringer Ingelheimに開発されたリード構造最適化プログラムの60%以上は、HTSの導入に成功したことによるものです。米国だけでも、年間25億米ドル以上がHTS製品やHTSサービスに費やされています。大手製薬会社では、スクリーニング技術に年間3,500万ドルもの投資を行っています。これらの投資のうち、かなりの割合が新しいアッセイの開発に費やされています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]