経頭蓋磁気刺激装置(TMS)の市場規模、2028年に20億2971万米ドル到達予測

経頭蓋磁気刺激装置(TMS)の市場規模は、2021年の11億2222万米ドルからCAGR8.8%で成長し、2028年には20億2971万米ドルに達すると予測されています。神経疾患は、人体の脳や神経に影響を与え、てんかんや痙攣、パーキンソン病、認知症、自閉症、アルツハイマー病、脳腫瘍、脳性麻痺などを引き起こします。神経疾患の有病率は世界的に増加しています。Global Burden of Disease Study(GBD)2017によると、米国ではアルツハイマー病およびその他の認知症、脳卒中、片頭痛が、最も負担の大きい3つの神経疾患となっています。

さらに、アルツハイマー病協会は、600万人以上のアメリカ人がアルツハイマー病に罹患していると推定しており、その数は2050年には1300万人に達すると予測しています。TMSは、神経疾患の診断および治療に広く用いられています。例えば、BrainsWay Ltd.によると、2021年4月には、世界中で10万人の患者が同社のDeep TMSで治療を受けました。このように、神経疾患の有病率の高まりが、TMS市場の世界的な成長を後押ししています。また、精神疾患の中でも、うつ病は世界的に見ても多い疾患です。2020年1月にWHOが発表したデータによると、全世界で2億6400万人以上のあらゆる年齢層の人々がうつ病に苦しんでいます。

マーケットインサイト

TMSは、神経疾患の治療に役立つ非侵襲的な処置です。また、TMSの技術開発が進んだことで、その応用範囲が広がっています。同市場で活動する企業は、革新的な製品に対するFDA(米国食品医薬品局)の承認の取得、ビジネスパートナーシップ、製品開発のための資金調達など、さまざまな戦略を採用しており、これが市場の成長を促進しています。

タイプ別インサイト

市場は、タイプ別に、シングルまたはペアのパルスTMSと、反復TMS(rTMS)に分けられます。2021年には、単一またはペアのパルスTMSセグメントが最大シェアを占めていました。しかし、2021年から2028年にかけては、反復性TMS(rTMS)セグメントが高いCAGRを示すと予想されています。

用途別インサイト

市場は、用途別に、研究用、診断用、治療用に分類されています。2021年には、診断セグメントが最大シェアを占め、今後も高いCAGRで成長すると予想されています。

戦略的インサイト

市場に参入している企業は、世界中で進化する顧客の要求に応えるために、製品のイノベーション戦略を採用することを重視しています。それによって世界市場でのブランド名を維持することが可能になります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]