動脈血液ガスキットの市場規模、2028年に7億7,301万米ドル到達予測

動脈血液ガス(ABG)キットの市場規模は、2021年の4億5,584万米ドルからCAGR7.8%で成長し、2028年には7億7,301万米ドルに達すると予測されています。動脈血ガスキット市場は、製品タイプ、エンドユーザー、地域に分類されます。市場は、地域別に、北米、欧州、アジア太平洋、中東・アフリカ、南・中央アメリカに分けられます。

呼吸器疾患の罹患率の増加

世界中で多くの人々が様々な種類の呼吸器系疾患に苦しんでいます。喫煙、感染症、遺伝的要因などが呼吸器疾患の原因となります。慢性閉塞性肺疾患(COPD)、喘息、肺炎などは、世界各国の公的医療制度に大きな負担をかけている疾患です。米国肺協会によると、COPDは米国における死因の第3位であり、1,640万人以上がCOPDと診断されています。さらに、米国保健社会福祉省によると、2019年に米国では約2,500万人が喘息を患っており、世界で最も一般的な呼吸器疾患の1つとなっています。さらに、世界保健機関(WHO)によると、2017年には、肺炎では、5歳以下の子どもの総死亡数の15%にあたる80万8694人の子どもの死亡が報告されています。呼吸器系の疾患を患っている患者は、通常、呼吸困難や酸素不足に陥ります。動脈血液ガス検査は、動脈血に溶け込んでいる酸素と二酸化炭素の量を測定するために行われます。この検査は、急性および慢性の呼吸器系疾患に苦しむ患者のケアに役立ちます。急性および慢性呼吸器疾患の増加は、動脈血液ガスキットの需要を促進しています。

製品タイプ別の考察

市場は、製品タイプ別に、1mlシリンジ容量、3mlシリンジ容量、その他に分類されます。2021年には3mlシリンジ容量セグメントが最大シェアを占め、今後も、最高のCAGRを記録すると予想されています。

エンドユーザー別の考察

市場は、エンドユーザー別に、病院、診療所、その他に分類されます。2021年には、病院セグメントが最大シェアを占めました。一方、診療所セグメントは今後、最高のCAGRを記録すると予測されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]