禁煙補助剤の市場規模、2028年に640億3,230万米ドル到達予測

禁煙補助剤の市場規模は、2021年の234億1,308万米ドルからCAGR15.5%で成長し、2028年には640億3,230万米ドルに達すると予測されています。同市場の成長を促進している主な要因には、喫煙の依存症の増加、依存症を減らすための活動の増加が挙げられます。しかし、ニコチン置換療法の開発コストの高騰が、今後の市場成長をある程度抑制する可能性があります。

喫煙者の中毒性の高まり

ニコチンは、タバコに含まれる依存性の高い物質です。喫煙は、慢性的な健康状態、予防可能な病気、死亡、障害などにつながる可能性があり、あらゆる形態で危険であることが証明されています。世界保健機関(WHO)によると、米国では喫煙に関連する疾患が原因で年間約43万5,000人が死亡しており、これは米国の全死亡者数の約5分の1に相当します。米国疾病管理予防センター(CDC)によると、2018年、米国では約4,000万人の成人がたばこを吸っていました。さらに、約470万人の中高生が少なくとも1つのタバコ製品を使用し、約1,600人が18歳以下の若い年齢の時に初めてタバコを吸っています。毎年、約50万人の患者が喫煙を原因とした病気で亡くなっています。米国政府は、米国内の喫煙関連疾患の患者を治療するために、医療費として約2,250億米ドルを費やしています。

欧州では、ギリシャ、ブルガリア、フランス、クロアチアなどがタバコの消費量が多い国です。Institute of Health Metrics and Evaluationによると、15歳以上の成人のうち20%以上が毎日喫煙しており、喫煙は欧州では非常に一般的な中毒症状です。さらに、World Population Reviewによると、喫煙率が最も高いのは東南アジアとバルカン半島で、南アジアや東南アジアの国々では、男性の喫煙率が高い傾向にあります。このように、世界各地での喫煙人口の増加が、禁煙補助剤市場の成長を後押ししています。

製品ベースの見通し

市場は、製品別に、ニコチン置換療法、薬剤、電子タバコ、その他に分類されます。電子タバコは、タバコの健康的な代替品として考えられており、今後、最も急速に成長するセグメントと思われます。電子タバコは、健康状態を改善するための効果的な代替品であり、ニコチン置換療法は禁煙に最適です。電子タバコは、タバコをベースとした煙草に対する潜在的な脅威であり、有害性の低さ、受動喫煙の心配がないこと、禁煙場所でも使用可能なこと、多様なフレーバーなどの理由から人気があります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]