根管治療の市場規模、2028年に13億8,829万米ドル到達予測

根管治療の市場規模は、2021年の10億1,821万米ドルからCAGR4.5%で成長し、2028年には13億8,829万米ドルに達すると予測されています。歯科疾患の有病率の上昇、高齢者人口の増加、歯の健康に関する意識の高まりなどの要因が市場の成長を促しています。しかし、償還額が限られていることが、市場の成長を妨げていると考えられます。

根管治療は、感染した根管内の細菌を最小限に抑える、もしくは除去し、歯の再感染を防ぎ、天然歯を保存することを目的としています。歯の損傷歯髄の一般的な症状は、痛み、熱感、歯茎の腫れなどです。根管治療を受けると、感染したり炎症を起こしたりした歯髄を取り除き、歯の内部を丁寧に洗浄・消毒した後、詰め物をして密封します。

COVID-19パンデミックは、APAC(アジア太平洋)地域で活動する主要プレイヤーのビジネスに影響を与えています。例えば、Dental Tribune International誌によると、歯科事業のマーケットリーダーであるDentsply Sirona社は、中国、日本、韓国、台湾などのAPAC諸国において、今年の第1四半期に約6,000万ドルから7,000万ドルの売上減を想定しています。

パンデミック以降、インド国内の歯科患者数が大幅に減少し、多くの歯科医師が個人の診療所を閉鎖する事態に陥りました。開業できた歯科医院は、患者数の減少分の収入を補うため、安全対策のための費用を追加して、治療費を値上げしました。歯科は、患者との距離が近く、対面での会話をし、唾液や血液などの体液に触れなければならないという、職業の性質上、パンデミックによる打撃を受けました。したがって、これらの要因から、地域の根管治療市場はマイナスの影響を受けています。

歯科疾患の罹患率の上昇

歯科疾患は、人々にとり、最も一般的な非伝染性疾患です。歯痛は、不快感、痛みをもたらし、最悪の場合は死に至ることもあります。2018年9月に発表されたGlobal Burden of Diseases Study 2016の報告書によると、口腔疾患は全世界で35億8,000万人に影響を与えています。中でも虫歯は最も有病率の高い歯科疾患の一つです。また、重度の歯周病は歯を失う可能性もあります。歯と口腔に関わる有病率は世界的に上昇しており、これらの問題は、歯の喪失、根管治療、ドライマウス、虫歯、噛み合わせなどの問題につながります。世界保健機関(WHO)は、全世界の子どもの60~90%、大人の~100%に虫歯があることを明らかにしました。また、米国補綴歯科医学会(ACP)によると、1億7800万人の米国人が少なくとも1本の歯を失っていると報告されています。さらに、米国では平均して4,000万人が虫歯の問題に悩まされており、毎年1,500万本以上の根管治療が行われており、一日に4万1,000本以上の根管治療が行われています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]