ラボラトリー情報管理システムの市場規模、2028年に24億248万米ドル到達予測

ラボラトリー情報管理システム(LIMS)の市場規模は、2021年の11億2,236万米ドルからCAGR11.5%で成長し、2028年には24億248万米ドルに達すると予測されています。LIMS(Laboratory Information Management System)は、LIS(Laboratory Information System)やLMS(Laboratory Management System)とも呼ばれ、現代のラボ運営をサポートするソフトウェアベースのソリューションです。LIMSの主な機能には、データの追跡や処理だけでなく、ワークフロー管理も含まれます。その柔軟なアーキテクチャとデータ交換インターフェースは、規制された臨床環境での使用をサポートします。LIMSの機能と用途は、単純なサンプルトラッキングから、検査室情報学の複数の側面を管理するエンタープライズリソースプランニングツールへと年々進化しています。

ラボラトリー情報管理システム市場は、タイプ、展開、コンポーネント、アプリケーション、エンドユーザー、地域別に分類されます。地域別市場は、北米、欧州、アジア太平洋、中東・アフリカ、南・中央アメリカなどにさらに分けられます。

研究室での自動化の導入

研究室での自動化の導入は、そのプロセスにおける人間の関与を最小限に抑えるためのアプローチとして浮上しています。専用のワークステーションやシステムソフトウェアを用いて日常的な実験手順を自動化することで、実験室の効率を高め、研究者が重要な作業に集中できるようにするとともに、ヒューマンエラーを回避することができます。研究室では、厳しい法規制の遵守、効率と生産性の向上、データの安全性と整合性の確保を目的として、LIMS(Laboratory Information Management System)の導入が進んでいます。Journal of Lab Automation誌に掲載された調査によると、完全自動化、半自動化、手動化された作業におけるエラー発生率は、それぞれ1〜5%、1〜10%、10〜30%となっています。デジタルワークステーション、自動分析装置、TLA(トータルラボラトリーオートメーション)の普及により、検査員は作業を再配置し、業務の価値に貢献できるようになりました。さらに、ラボラトリーシステムで生成される大量のデータは、効果的なデータ処理、分析、共有への需要を引き起こし、ラボラトリー情報管理システムのような効率的で費用対効果の高いソリューションの必要性が強調されています。さらに、データ統合に対する需要の高まりも、同市場の成長に寄与しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]