デジタルパソロジーの市場規模、2028年に18億9,240万米ドル到達予測

デジタルパソロジーの市場規模は、2021年の8億5,208万米ドルからCAGR12.1%で成長し、2028年には18億9,240万米ドルに達すると予測されています。デジタルパソロジーは、病理学的情報の獲得、整理、共有、解釈から成り立っています。このプロセスでは、デジタルパソロジースキャニングソリューションを使用して、スライドグラスをデジタルパソロジースライドに変換します。その後、デジタルスライド画像ファイルが生成され、デジタル病理スライドの高解像度での閲覧、解釈、画像分析が可能になります。

デジタルパソロジー市場は、製品、アプリケーション、エンドユーザー、地域別に分類されています。地域別では、北米、欧州、アジア太平洋、中東・アフリカ、中南米に大きく分けられます。

デジタルパソロジーシステムの技術的進歩

ヘルスケア分野の進歩により、デジタルパソロジー機器に必要なイメージングデバイスやソフトウェアの研究開発が促進されています。高度なシステムは、ラボや病院が検査サービスに付加価値をつけるのに役立ちます。医療情報技術(IT)は、医師が最適なワークフローを維持するのに役立つだけでなく、絶えず変化する患者の期待に応えることができます。ライカバイオシステムズが提供するソフトウェアAperio ePathAccessは、デジタル病理画像や症例データをITネットワーク外の専門家と共有することを可能にします。コンピュータ化、ロボット光学顕微鏡、複数の光ファイバー通信、デジタル画像などは、デジタルパソロジー市場の成長に貢献する最新技術の一つです。ホールスライドイメージング(WSI)技術だけでなく、ソフトウェアアプリケーション、LIS/LIMSインターフェース、高速ネットワークなどが急速に進歩しており、病理医はデジタルパソロジーを自分のワークフローに組み込むことができるようになりました。

また、マイクロアレイの使用が増加し、APIアルゴリズムやハイブリッドモデルなどの幅広い予測モデルがデジタル画像解析の需要を高めています。コンピュータ支援診断は、画像処理、物理学、数学、および計算アルゴリズムを統合して、病気の特定、解剖学的評価、病気の進行度の定量化とリスク評価を支援するもので、人気を高めています。このように、コンピュータ支援システムの普及がデジタルパソロジー市場の成長に貢献しています。

遠隔地でのテレパソロジーの普及

遠隔地に住む人々は、病気の診断、治療、フォローアップのために都市部に出向く必要があり、これは彼らが直面する大きな問題です。デジタルパソロジーは、遠隔地に住む人々が医療機関に効果的にアクセスできるようにすることで、患者と診断センターとの間のギャップを埋め、患者の時間と費用の節約につながりました。さらに、デジタルパソロジーのセットアップは、地方のラボや病院でも導入が容易です。また、テレパソロジーは、患者の診断や治療を目的とした遠隔通信による診察のことで、地理的・機能的な距離を解消することで、離れた2つ以上の医療機関の間のギャップを埋めることを目的としています。病院、プライマリケアプロバイダー、プライベートクリニック、およびその他の医療機関が、テレパソロジーのサービスを提供しています。このように、テレパソロジーは、コスト削減、組織の利益、患者の満足度向上のための効果的なオプションとして浮上しており、デジタルパソロジー市場の成長を促しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]