スマートマイニングの市場規模、2028年に230億5,540万米ドル到達予測

スマートマイニングの市場規模は、2020年の93億3,450万米ドルから2028年には230億5,540万米ドルに達すると予測されており、2021年から2028年にかけて13.3%のCAGRで成長することが見込まれています。スマートマイニングとは、技術、情報、自律性を活用して、採掘時の高い生産性、安全性の向上、運用コストの削減を促進することを指します。鉱山会社は、革新的なソフトウェアやソリューションを提供することで生産性の向上に注力しており、これがスマートマイニング市場の需要を高めています。また、先進技術の普及が進むことで、労働力にかかる高いコストが削減され、大幅な経費の最適化が予想されます。これらの要因が、スマートマイニングの需要を高めています。技術を導入したスマートマイニングにより、オペレーションの自動化が促進されます。高度な技術を導入することで、鉱山経営者は、現在使用している内蔵センサーの無線ネットワークを拡張することができます。

無線センサーネットワークを設置して遠隔地での読み取りを行うことで鉱山をデジタル化すると、主要な採掘プロセスの原子化など、さらなるデジタル化が可能になります。オペレーショナルインテリジェンス(OI)技術を活用したワイヤレスモニタリングと予知保全により、鉱山事業者はダムなどの操業特性を追跡し、採掘やその他の重要な作業に伴うリスクを克服することができます。リアルタイムでのデジタルデータ収集プロセスは、運用現場での手作業によるデータ収集に取って代わるものです。

2020年のスマートマイニング市場では、APAC(アジア太平洋)が優位に立っています。APACは世界最大の大陸であり、技術革新が進んでいます。急速な技術開発と政府の支援、経済のデジタル化、中間所得層グループの可処分所得の増加などが、経済を発展途上国から先進国へと前進させる要因となっています。APACは、スマートマイニング産業を世界経済のライフサイクルの中に、世界のどこよりも早く統合しています。この地域で採掘された金属や鉱物は、南アジアや東アジアの多数の製造拠点に運ばれ、技術的に洗練された製造地域を形成し、世界の建設を支えています。APACのスマートマイニング産業は主に、技術的な機器の需要の高まりと、採掘者のインフラニーズとが相まって推進されています。

COVID-19のスマートマイニング市場への影響

COVID-19の発生は、マイニングのハードウェアコンポーネントを含む、マイニング機器のサプライチェーンと製造に大きな支障をきたしました。世界中でCOVID-19が出現し、ロックダウンシナリオが続いたことで、鉱業界の専門家は、鉱業機器のサプライチェーンにおいて少なくとも4分の1のラグに直面するだろうと分析しています。この混乱は、2021年半ばまで続くと予想されます。世界各国の政府が経済再生のために様々な抑制策を解除した後、鉱業は早い段階で回復すると思われます。2022年から鉱山機械の生産はペースアップすると予想されており、これは鉱山のハードウェアコンポーネントを含む鉱山業界にプラスの影響を与えると予測されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]