駐車場管理の市場規模、2028年に451億2,582万米ドルに到達予測

駐車場管理の市場規模は、2021年の322億2,173万米ドルからCAGR4.9%で成長し、2028年には451億2,582万米ドルに達すると予測されています。世界各国の主要都市では、日々の交通渋滞や駐車場の問題を軽減するために、スマートテクノロジーを積極的に採用しています。交通渋滞や駐車場問題は、先進国と新興国の両方における長年の問題です。現在、スマートパーキング技術は駐車場管理に革命をもたらしており、インテリジェントパーキング技術の需要は急激に増加しています。現在の駐車場管理システムで大きな成長を遂げているスマート技術には、駐車場案内情報システム、自動駐車、スマートパーキングペイメントシステム、駐車場予約システムなどがあります。これらの技術に加えて、ドライバーや車両所有者の間では、駐車している車両のセキュリティや安全性に対する要求が急速に高まっており、駐車場監視システムの導入を促進しています。駐車場管理会社にとっては、長年にわたる課題への市場機会が生まれています。

COVID-19の駐車場管理市場への影響

COVID-19パンデミックの発生により、電子機器、半導体、自動車などの第一次産業に混乱が生じました。これらの産業の急激な低迷が、駐車場管理市場の成長を制限しています。また、感染症対策のための工場閉鎖、渡航・貿易禁止、国境封鎖などにより、多くの商業施設や企業の業務に影響が出ています。公共団体や自治体の多くは、市民のためのプロジェクトの資金源として、駐車場税や駐車場収入に依存しています。企業ビル、CBD、大学、ショッピングセンター、病院、ホテル、空港、その他多くの施設は、ビジネス機能を効率的に処理するために、優れた駐車場施設とサービスで構成されています。パンデミックにより、駐車場業界はマイナスの影響を受けており、何十万人もの現場作業員が職を失っています。COVID-19が駐車場に与える影響を定量的に理解するために、北米の2,000以上の駐車場施設の動態がリアルタイムで監視・観察されています。

駐車場管理業界のパートナーシップ

駐車場管理システム市場は細分化されており、複数のプレーヤーがそれぞれの技術やサービスを提供しています。そのため、システムを利用するエンドユーザーにとっては、非常に複雑で分かりにくい仕組みになっています。技術的に強化された駐車場管理システムの需要は増しており、駐車場管理市場のプレーヤーは、サービスプロバイダーや政府と提携することで、将来的に市場機会が広がります。サービスプロバイダー同士の提携により、オーダーメイドのサービスを提供することが可能になり、市場を牽引することが考えられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]