分散制御システム市場、2028年に231億860万米ドル到達予測

分散制御システム(DCS)市場は、2021年の159億8,229万米ドルからCAGR5.4%で成長し、2028年には231億860万米ドルに達すると予測されています。分散制御システムは、コントローラ、センサー、および関連するコンピュータで構成されており、産業用セットアップの異なるアプリケーションエリアに分散して配置されています。このシステムのすべての要素は、プロセス制御、グラフィック表示、データ収集、データ保存の目的で使用されます。また、制御の信頼性と全体的なパフォーマンスを向上させるために、診断機能と冗長性を備えて開発されており、主に、大規模な製造プラントの複雑な生産プロセスを指示するために使用されます。産業用オートメーションシステムは、ダイナミックな技術革新に許容できるパフォーマンスを維持するために、高度なプロセスの制御が必要であり、最新のオートメーション制御技術と組み合わせる必要があります。DCSは、プロセスをコントロール下で自動化するための最良のオプションです。より広範なプロセスを制御できるようすることで、プラントの安全性が高まります。また、高度な制御戦略を組み合わせ、すべてを単一の自動化システムに配置し、サブシステムを正しい情報フローとコマンド構造で接続し、生産プロセスを自動化します。DCSは、発電、石油・ガス、製薬、食品・飲料、化学などの業界で使用されています。

COVID-19が分散制御システム市場に与える影響

COVID-19パンデミックにより、製造業やITを含む様々な産業の操業が妨げられました。アメリカやカナダなどでは、空港の改修や拡張など、さまざまな大型建設プロジェクトがパンデミックの影響を受けて中止されました。北米は、技術革新を促進しインフラ機能を強化するための政府の政策により、先進技術の導入率が高い地域です。そのため、この地域の産業の業績に影響を与える要因は、経済成長の妨げにつながります。現在、米国はCOVID-19の発生により最も深刻な影響を受けている国の一つであり、政府は感染の拡大を抑制するために、国内の産業、商業、公共活動に制限を課しています。その影響は需要面だけではなく、供給面にも及んでおり、北米地域の製造施設が数ヶ月間稼働しなかったため、サプライチェーンや原材料の調達が混乱しました。OEMメーカーは四半期ごとの収益を維持することが最大の課題となりました。このことは、分散制御システムメーカーにも影響を及ぼし、2020年の市場成長は、大きく低迷しました。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]